料金が高いイメージがあるドコモ光は申し込む窓口によって金額が変わる?

結論から言うと、どの窓口から契約しても月額料金が変わることはありません。

しかし申し込む窓口によってキャンペーンが異なるため、実質的な料金を抑えることができます。

この記事ではドコモ光を検討している方向けに、どこで申し込むのがお得なのか。

ドコモ光を取り扱うプロバイダ・代理店の徹底比較をしました。

 

まず知ろう!ドコモ光の料金内訳

ドコモ光の申し込み窓口は大きく分けて3点あり、「ドコモショップ」「家電量販店」「WEBサイト」です。

まれに代理店から電話での勧誘がありますが、ドコモ光の月額料金はどこで申し込んでもまったく同じです。

申し込み窓口での違いを先に解説します。

窓口によって変わること窓口によって変わらないもの
・キャッシュバックなどの特典・月額料金
・通信速度
・通信エリア
・公式キャンペーン

では、ドコモ光を検討するにあたり基礎知識から解説していきます。

基礎知識の要点は3つあります。

  • インターネット料金
  • 工事費・初期費用
  • オプション料金

    ドコモ光のインターネット料金はタイプAとタイプBがある

    ドコモ光には24のプロバイダから選ぶことができ、選ぶプロバイダによって「タイプA」「タイプB」と振り分けられます。

    また光を導入する住居タイプ(戸建て・マンション)によって金額が異なります。

    以下の表を参考にしてください。

    住居タイプ月額料金プロバイダ
    タイプA戸建て5,720円(税込)・ドコモnet
    ・Plala
    ・GMOとくとくBB
    ・@nifty
    ・DTI
    ・ic-net
    ・Tigers-net
    ・BIGLOBE
    ・andline
    ・SYNAPSE
    ・exsite
    ・エディオンネット
    ・SPEEDIA
    ・楽天ブロードバンド
    TIKITIKI
    ・hi-ho
    ・@ネスク
    ・COARA
    マンション4,400円(税込)
    タイプB戸建て5,940円(税込)・OCN
    ・@TCOM
    ・TNC
    ・AsahiNet
    ・WAKWAK
    ・@ちゃんぷるネット
    マンション4,620円(税込)
    単独プラン戸建て5,500円(税込)プロバイダ契約が別途必要
    ※Yahoo!BBなど
    マンション4,180円(税込)

    有名どころのPlalaやBIBLOBE、GMOとくとくBBはタイプAに含まれておりますが、老舗プロバイダのOCNはタイプBになってしまいます。

    単独プランは月額料金が一見安く見えますが、プロバイダ料金は含まれておらず、月額料金にプロバイダ料金が上乗せされます。

    よって新規契約の場合は、無難にタイプAの中から選んでおけば問題ないです。

    ドコモ光の工事費・初期費用

    ドコモ光の場合、初期費用である事務手数料は同じですが、住居タイプによって工事費が異なります。

    • ネット工事費と初回事務手数料
      ※固定電話・テレビは含まれていません
    戸建てマンション
    ネット工事費現在無料キャンペーン中
    19,800円(税込)
    現在無料キャンペーン中
    16,500円(税込)
    初期費用初回事務手数料:3,300円

    ドコモ光は公式キャンペーンで定期的に工事費無料キャンペーンをしているので、工事費用不要で申し込みできるタイミングが定期的にきます。

    もし、申し込むタイミングで工事費が発生する場合は、最大60回まで分割で支払うことができます。

    戸建てマンション
    一括の場合19,800円16,500円
    分割の場合12回1,650円1,375円
    24回825円687円※
    36回550円458円※
    48回412円※343円※
    60回330円275円

    ※分割時端数が発生するため、端数分は初回請求となっています。

    工事費用の分割は一切金利がかからないので、どの回数を選んでも損得はありませんが、2〜3年で引っ越しする可能性がある場合は解約時に残債請求される恐れがあるので36回までにするのをおすすめいたします。

    ドコモ光のオプション料金

    ドコモ光ではネット以外に3種類のオプションがあります。

    • ドコモ光電話(固定電話)
    • ドコモ光テレビオプション
    • あんしんパックホーム

    それぞれのオプションでかかる費用を解説します。

    ドコモ光電話(固定電話)の料金

    ドコモ光電話の料金
    工事費1,100円~4,950円
    基本月額550円
    オプション■ドコモ光電話バリュー:基本料+1,100円
    下記6つのオプション含む
    ・通話中着信(330円)
    ・転送電話(550円)
    ・発信者番号表示(440円)
    ・ナンバーリクエスト(220円)
    ・迷惑電話ストップサービス(220円)
    ・着信お知らせメール(110円)
    ===ココまでがバリュー===
    ・ダブルチャンネル:220円
    ・追加番号:110円

    ※ドコモ光電話は、ドコモ光と同時申込みであれば工事費はかかりません。

    電話オプションで利用される方が多いのは「発信者番号表示(ナンバーポータビリティー)440円」です。それ以外のオプションは使わずセットプランにもせず通信費を削減している方が多いです。

    ドコモ光テレビオプションの料金

    ドコモ光テレビオプションの料金
    スカパーJSAT
    施設利用登録料
    (スカパーなしでも必要)
    3,080円
    工事費■基本工事料
    8,250円
    ■テレビ接続工事料
    7,150円/1台の場合
    21,780円/2~3台の場合
    基本月額
    (地デジ・BS)
    825円
    オプションセレクト5※1:1,980円
    セレクト10※2:2,860円
    スカパー!基本プラン※3:3,960円
    スカパー!光パックHD※4:4,138円
    ※全てに別途429円(スカパー月額基本料)が必要

    ※1 48chから好きな5chを選択、※2 48chから好きな10chを選択、※3 11ジャンル50ch見放題、※4 60ch以上見放題/4K放送視聴可

    光テレビオプションを付けると工事費が高額になってしまいますが、スカパー!を同時契約することで工事費が免除されます。

    初期費用合計
    (初期+工事費)
    地デジ・BSのみ
    (月額:825円)
    初期費用合計
    18,480円〜
    スカパー利用時
    (月額:2,805円〜)
    初期費用合計
    0円

    そもそも、アナログアンテナ設置しているマンションや戸建ての場合、光テレビ(地デジ・BS)は基本不要です。

    スカパーは、普段からCS放送や専門チャンネルをご覧になられる方にはおすすめですが、スカパーには最低利用期間があるので、どっちがお得なのか応相談です。

    あんしんパックホームの料金

    そのほかのオプションとして「あんしんパックホーム」があります。

    あんしんパックホームは3つのオプションがセットになった、アフターサポートサービスです。

    サービス月額料金パック料金サービス内容
    ネットトータルサポート550円(税込)968円(税込)・オペレーターが画面を見ながら遠隔でサポート
    ・在宅勤務に必要な環境構築をサポート
    ネットワークセキュリティ385円(税込)・マカフィー社のセキュリティソフトでPCを保護
    デジタル機器補償サービス550円(税込)補償上限額
    ・PC:70,000円
    ・タブレット:40,000円
    ・テレビ:70,000円

    実店舗ですと、ドコモ光を申し込む際に、100%と言っていいほど進められますが、基本的にはなくても困りません

    ネットの接続に自信がないなど不安要素が少しでもあれば、初めだけ加入し、あとから解約しましょう。(初回31日間無料)

    ドコモ光を使った際の料金イメージ

    ドコモスマホ1台利用時で、ネット+電話の場合を想定しています。

    また、あんしんパックホームを入れておりますが必要でなければ除いてください。

    マンション戸建て
    月額料金4,400円5,720円
    初期費用3,300円3,300円
    工事費用275円(60回分割)
    ※現在は無料キャンペーン中
    330円(60回分割)
    ※現在は無料キャンペーン中
    固定電話料550円550円
    ドコモ光セット割最大▲1,100円最大▲1,100円
    最終支払月額〜4,125円/月5,445円/月

    上記最終支払月額にスマホ料金が上乗せされます。

    正確に言うとドコモ光セット割はスマホ料金側から割引されますが、実質的には上記月額で利用できるようなものといえます。

    また工事費無料の場合は更に安く利用できます。

    ドコモ光の料金を最安で契約するコツ

    ここからは、最安で契約するポイントとして4つです。

    最安で契約するポイント
    1. タイプAのプロバイダを選ぶ
    2. キャンペーンがお得なプロバイダを選ぶ
    3. ドコモ光セット割を適用する
    4. オプションは極力つけない

    ちなみにドコモと言えば料金が高いイメージがあります。その理由の一つとして、選ぶべき契約を誤っている場合があるからです。

    瀬戸根

    実際にドコモショップでドコモ光を契約した知り合いは、店員に勧められたオプションにたくさん加入し、ネット料金の1.5倍ほどの料金を支払っていました…

    1つ目:タイプAのプロバイダを選ぶ

    ドコモ光では「タイプA」と「タイプB」があり、戸建て・マンションプランのどちらも毎月220円の差があります。

    住居タイプ月額料金プロバイダ
    タイプA戸建て5,720円(税込)・ドコモnet
    ・Plala
    ・GMOとくとくBB
    ・@nifty
    ・DTI
    ・ic-net
    ・Tigers-net
    ・BIGLOBE
    ・andline
    ・SYNAPSE
    ・exsite
    ・エディオンネット
    ・SPEEDIA
    ・楽天ブロードバンド
    TIKITIKI
    ・hi-ho
    ・@ネスク
    ・COARA
    マンション4,400円(税込)
    タイプB戸建て5,940円(税込)・OCN
    ・@TCOM
    ・TNC
    ・AsahiNet
    ・WAKWAK
    ・@ちゃんぷるネット
    マンション4,620円(税込)
    単独プラン戸建て5,500円(税込)プロバイダ契約が別途必要
    ※Yahoo!BBなど
    マンション4,180円(税込)

    月額220円の差ではありますが、1年間2,640円の差となり、4年間で10,560円の差となり徐々に損をしていきます。

    そのため最安で契約するには、「タイプA」のプロバイダの中から選ぶようにしましょう。

    2つ目:キャンペーンがお得なプロバイダを選ぶ

    独自でキャッシュバックを用意しているおすすめプロバイダはコチラ。

    申込条件備考キャッシュバック
    GMOとくとくBBひかりTV for docomo

    DAZN for docomo
    dTV/dアニメは90日間利用が条件
    ※スカパー!除く
    20,000円
    ひかりTV for docomo18,000円
    DAZN for docomo
    または
    スカパー!
    15,000円
    dTV
    または
    dアニメストア
    10,000円
    なし-5,500円
    @niftyスカパー!
    または
    ひかりTV for docomo
    10ヵ月間20,000円
    なし-18,000円
    OCNなし-20,000円

    ※NTT系プロバイダが安心な方はプランBですがOCNをおすすめします。

    注意してもらいたいのが、実店舗で対象のプロバイダを選んでも上記キャンペーンは適用されません。

    これはWEBサイト限定のキャンペーンなので、実店舗では公式キャンペーンのみとなります。

    3つ目:ドコモ光セット割を適用する

    ドコモスマホを持っていないのに、ドコモ光を契約する理由は何一つありません。

    理由としてはドコモで「スマホ」と「光」をセットにすることにより、光セット割を受けることができます。

    光セット割とはドコモスマホとドコモ光をセットにすることで、スマホの料金を割引してくれるサービスです。

    料金プラン使用量基本料金割引額割引適用後金額
    5Gギガホプレミア3GB~無制限7,315円永年1,100円割引6,215円
    ~3GB5,665円4,565円
    ギガホプレミア3GB~60GB7,205円6,105円
    ~3GB5,555円4,455円
    5Gギガライト
    ギガライト
    ~7GB6,765円5,665円
    ~5GB5,665円4,565円
    ~3GB4,565円永年550円割引4,015円
    ~1GB3,465円3,465円

    ギガライトの場合は使用データ量によって割引額が変わります。まず自身がどのプランに入っているのか把握しておいてください。

    My docomoで料金プランを確認する

    4つ目:オプションは極力つけない

    前述したあんしんパックホームや、ドコモ光電話のオプションなどを付けていくと、あれよこれよと金額が高くなっていきます。

    ドコモ光はオプションなど付けなくても全く問題ありません。

    固定電話を使っている方には、しいて言えば月額440円の発信者番号表示(ナンバーディスプレイ)くらいでしょう。

    【番外】家電量販店でドコモ光を契約しない

    ドコモ光の申し込みは、代理店が開設しているWEBから行うようにしましょう。

    実店舗はおすすめしない理由
    • WEBサイト経由のほうがキャッシュバック特典が高い
    • 実店舗の特典は少ない

    家電量販店やドコモショップなどの実店舗より、WEBサイトからの申し込みのほうがキャンペーンが充実しているからです。

    実店舗は家賃や人件費、その他固定費に経費がかかっているため、ドコモ光だけに多くの特典を用意できません。
    ※月末付近になると目標達成するためにさらに上乗せした特典があるかもしれませんが不明確です…

    しかし代理店が開いているWEBサイトでは、ドコモ光にコミットしているだけあり特典が充実している場合がほとんどです。

    申し込み場所が違うだけで、ドコモ光の中身はまったく同じです。

    そもそもドコモ光で契約するべき?ドコモ光はお得なの?

    ドコモ光を契約する条件としては、「ドコモのスマホを契約している」場合に限ります。

    裏を返せば、ドコモスマホを契約していないのなら、ドコモ光を契約する理由は一つもありません。

    他キャリアと比較してみましょう。

    戸建てマンション最大通信速度
    ドコモ光(タイプA)5,720円4,400円1Gbps
    ソフトバンク光5,720円4,180円1Gbps
    au光5,610円3,740円~1Gbps
    フレッツ光※1東日本5,060円3,245円1Gbps
    西日本4,730円3,575円1Gbps
    nuro光5,217円2Gbps
    楽天ひかり5,280円4,180円1Gbps

    ※1フレッツ光の月額料金は、プロバイダ料金を含めておりません。(別途990〜1320円がかかります)

    このようにドコモ光は月額料金だけでみると高い部類に入ります。

    ドコモのスマホを契約しているのであれば、光セット割が適用されるので通信費全体で安くできますが、ドコモスマホを持っていないので割高の光回線ということになります。

    この比較だけでみるのであれば、Rakuten光のほうが「戸建ては500円、マンションは220円」安く利用できます。

    ドコモ光を安くお得に契約できるおすすめプロバイダ3選

    ドコモ光を契約するプロバイダは、状況に応じて最安値が変わります。

    この選び方が最適

    ■新規契約で一番得
    →@nifty
    ■通信速度が最速!
    →GMOとくとくBB
    ■運営元の安心感
    →OCN

    下表では現実的なキャッシュバック金額を2年間で割った際の、月額実質負担額を表記しています。

    GMOとくとくBBOCN@nifty
    月額料金戸建て5,303円5,106円4,970円
    マンション3,983円3,786円3,650円
    新規契約時
    キャッシュバック
    10,000円
    (OPなし時5,500円)
    20,000円18,000円
    適用条件dTV or dアニメストア
    同時契約
    なしなし
    オプション加入期間90日間なしなし
    他社違約金負担最大20,000円
    ※キャッシュバックと併用不可
    なしなし
    平均通信速度280.05Mbps229.31Mbps189.83Mbps

    ※通信速度は「みんなのネット回線速度」より参照

    正直そこまで気にならない値段差かもしれませんが、新規契約時に最も安いのは@niftyのドコモ光です。

    しかし、@niftyの通信速度はGMOとくとくBBのドコモ光より平均100Mbpsも低いので、光回線としてのスペックを求めるのであれば、GMOとくとくBBやOCNのほうが良いです。

    また、月220円割高なタイプBの「OCNのドコモ光」は、2年間の実質月額ならGMOとくとくBBより安いです。ちなみにGMOとくとくBBのほうが安くなるのは4年ほど利用したタイミングです。

    ただ他社から乗り換えの場合、GMOとくとくBBは違約金負担キャンペーンにより最大20,000円の負担があるので、他社乗り換えで20,000円以上の違約金がある場合はGMOとくとくBBがおすすめです。

    ただ、違約金負担とキャッシュバックは併用できないので、結局のところ違約金が大きい場合にのみ有効です。

    お得で安いプロバイダでドコモ光を契約する手順

    ドコモ光のお得なプロバイダでの契約手順は下記の通り簡単です。

    契約手順はすべて同じ
    1. プロバイダの公式サイトへ行く
    2. お申し込みボタンをクリックする
    3. 名前/住所/電話番号など必要事項を入力する
    4. 連絡希望日時を選ぶ
    5. 連絡が来るのを待つ
    6. 工事日を決める

    まず各プロバイダから申し込み確認の電話連絡がきます。

    その後、プロバイダからドコモに取次が行われ、ドコモから工事日の日程を決める流れになりますので、都合の合う日にちを言えば問題ありません。

    工事完了日が契約開始日となります。

    ドコモ光の料金が高い!そんな時に確認するべきこと

    • ドコモ光セット割は光料金の割引ではない
    • 初回請求額は事務手数料などがかかるから通常より高め
    • 不要なオプションを外す
    • 契約プロバイダがタイプBか確認する

    ドコモ光セット割は光料金の割引ではない

    例えばドコモショップや家電量販店で説明を受けた料金と、実際の光の料金が聞いていたのと違うと感じた場合、セット割の割引箇所の相違が考えられます。

    つまり、光セット割は実質携帯料金から割引されますが、店員が分かりやすく説明するために光の料金から割引をした見積もりにする場合があります。

    光の料金は携帯料金と一括請求になるため金額には相違ありませんが、光単体で料金を見たときに高い!と感じるのはそれが原因かもしれません。

    初回請求額は事務手数料などがかかるから通常より高め

    ドコモ光を契約し、開通工事が終わった次の月から請求が始まります。

    これはスマホでもよく見る「あるある」ですが、契約事務手数料の3,300円は初回に必ずかかるため、請求額を見て驚く理由の1つです。

    事務手数料の他には、契約内容や設置環境によっては、テレビ工事料や、その他手数料がかかる場合があります。

    初回にどのくらい請求がくるのか、契約前に必ず確認しておきましょう。

    不要なオプションをはずす

    ドコモ光契約は「ネット」「電話」「テレビ」の3点の中から選ぶ形式になっています。

    環境や設備によって、「ネット」だけの人もいれば、「ネット」+「テレビ」の人もいると思います。

    この必要最低限以外のオプションが不要なものになり、契約を見直してみましょう。

    大概、「ネットトータルサポート」や「あんしんパックホーム」の契約があるか、もしくは「電話」契約のオプションが高くなっているかのいずれかになっているかと思います。

    契約プロバイダがタイプBか確認する

    ドコモ光のプロバイダにはタイプAとタイプBの2種類あり、タイプBはタイプAより毎月220円高いです。

    契約時からタイプBに入った場合、タイプAに変更するにはプロバイダを変更しないといけません。

    プロバイダ変更はドコモ光サービスセンターに電話をすれば可能ですが、手数料がかかることは覚えておきましょう。

    パターン手数料
    タイプA⇄タイプA
    タイプB⇄タイプB
    3,300円(税込)
    タイプA⇄タイプB3,300円(税込)
    単独プラン→タイプA/B無料
    タイプA/B→単独プラン3,300円(税込)

     

    ドコモ光の解約方法と解約にかかる費用について

    ドコモ光を解約する方法は以下の2点です。

    • ドコモショップ窓口に申し出る
    • ドコモ光センターに問い合わせる

    ドコモショップで手続きとなっても、最終的にはスタッフが窓口にトスアップしますので、自分でセンターに電話する方が早いです。

    ドコモ光サービスセンター:
    (ドコモの携帯から)15715
    (一般電話などから)0120-766-156
    受付時間:午前10:00~午後8:00(年中無休)

    解約時の注意事項
    • 固定電話の番号がなくなる
    • 違約金がかかる場合がある
    • レンタル品を返却しないと違約金が別途かかる

    固定電話の番号がなくなる

    「ドコモ光は解約したいけど、固定電話だけは残したい」こんな方は注意してください。

    単純に解約をすると固定電話番号がなくなるため、必ずアナログ電話へ戻す手続きをしてください。

    しかし、アナログ戻しはドコモ光を契約する前からアナログ電話を使っていた方に限ります。

    ドコモ光を契約したときに、はじめて固定電話を始めた方は、アンログ戻しはできません。

    他社の光を引く場合は、他社に電話番号を引き継げるかを確認してください。

    解約にかかる費用

    ドコモ光を2年定期契約プランで申し込んでおり、更新月以外で解約すると違約金が発生します。

    戸建て、マンションで金額が異なりますので以下の表を必ず確認しましょう。

    戸建てマンション
    解約金14,300円(税込)8,800円(税込)

    契約更新月はマイドコモから確認することができます。

    また、解約時は月額料金が丸々かかり、日割りはできません。

    レンタル品を返却しないと別途違約金がかかる

    ドコモ光の解約を申し出ると、自宅にモデムの返送用キットが送られてきますので、必ず返却をしてください。しかしそれで終わりと思っている人が多いのです。

    別途、プロバイダからWiFiルーターをレンタルしている場合、プロバイダに連絡をし返却手続きをしないと違約金が発生します。

    必ず返却を忘れないようにしましょう。

    ドコモ光のよくある質問

    • ドコモ光の料金が一番オトクなプロバイダは?
    • 引越しをする時はなにすればいいの?
    • ドコモ光契約後にプロバイダを変更できる?
    • ドコモ光はフレッツ光からの転用・新規どっちがおすすめ?
    • ドコモ光の支払い方法は何が選べる?
    • ドコモ光の通信速度はどのぐらいでるの?
    • ドコモ光の問い合わせ先はどこ?

    ドコモ光の料金が一番オトクなプロバイダは?

    一番オトクなプロバイダは契約される方の状況次第で変わります。

    キャンペーンを最大限に受け取る方法は、店頭窓口で契約するより、WEBサイトから契約することです。

    比較的どのタイミングで合っても、WEBサイトから申し込むほうがお得なことが多いです。

    引越しをする時はなにすればいいの?

    引っ越しするときの申し出先は以下3点です。

    通常引っ越しの際は「移転」の手続きを行います。移転の手続きには手数料と工事費がかかります。

    ■引っ越し先がマンションの場合

    移転事務手数料派遣工事あり派遣工事なし
    エリア内での引っ越し
    (NTT東西内)
    2,200円(税込)8,250円(税込)2,200円(税込)
    エリアが変わる引っ越し
    (NTT東日本⇄NTT西日本)
    16,500円(税込)

    ■引っ越し先が戸建ての場合

    移転事務手数料派遣工事あり派遣工事なし
    エリア内での引っ越し
    (NTT東西内)
    2,200円(税込)9,900円(税込)2,200円(税込)
    エリアが変わる引っ越し
    (NTT東日本⇄NTT西日本)
    19,800円(税込)

     

    【裏技!】引っ越し先で安くドコモ光を引く方法

    これは契約した時期と引っ越すタイミングがピタリとはまっていればの話です。

    つまり、光を解約して新規で入りなおすといった方法です。

    更新月であれば違約金がかからず、新規のキャンペーンで工事費無料特典があれば、契約事務手数料の3,300円で引っ越し先でドコモ光が引けます。
    ※新規契約の場合は、さらにキャッシュバックなどの特典がある可能性が高い

    必ず確認すること
    • 契約更新月(My docomo
    • 新規契約キャンペーン
    • (注意)固定電話番号はなくなる

    ドコモ光契約後にプロバイダを変更できる?

    プロバイダを変更したくなったら、ドコモ光センターに申し出が必要です。

    オペレーターに、変更先のプロバイダを伝えればいいだけですが、前述の通り、現プロバイダからレンタルしているものは必ず返却しましょう。

    プロバイダ変更は、パターン別で手数料がかかります。

    パターン手数料
    タイプA⇄タイプA/タイプB⇄タイプB3,300円(税込)
    タイプA⇄タイプB3,300円(税込)
    単独プラン→タイプA/B無料
    タイプA/B→単独プラン3,300円(税込)

     

    ドコモ光はフレッツ光からの転用・新規どっちがおすすめ?

    結論から言うと、新規契約の方がお得になります。

    新規契約がおすすめな理由
    • 新規契約の方がキャッシュバック金額が高い
    • タイミングによっては25,000ポイントの差が出る
    • 転用はよくて5,000ポイント

    ドコモ光の新規契約キャンペーンは、稀に新規工事費無料特典の他に、dポイントを大盤振る舞いで30,000ポイント付与+工事費無料になることがあります。
    ※年始1月頃に30,000ポイントになる傾向が高いかも

    ただ、大抵10,000ポイント~20,000ポイントで、たまに工事費無料特典なしの20,000ポイントのみという時期もあります。

    転用は工事費がかからない場合が多い分、特典は5,000ポイント付与程度のため、新規契約のキャンペーンが豊富なタイミングで申し込むのがおすすめです。

    ドコモ光の支払い方法は何が選べる?

    ドコモ光支払方法
    • 口座振替
    • クレジットカード
    • スマホの支払いがコンビニ払いなら光も準ずる

    ドコモスマホとドコモ光をセットにしている場合は、ドコモ光の支払いはスマホに準じます。

    つまり、一括での請求になるため、口座振替もしくはクレジットカードから選べます。
    ※もしくは請求書によるコンビニ払い

    ドコモ光を残して携帯を他社にした場合は、ドコモ光のみ単独での請求になります。

    今まで携帯料金をコンビニ払いにしていた場合は、原則として口座振替かクレジットカードでの支払いになります。

    ドコモ光の通信速度はどのぐらいでるの?

    ドコモ公式では下り最大1Gbpsとなっておりますが、これはあくまでも理論上の最大値です。

    参考にプロバイダごとの実測値を「みんなのネット回線速度」で公開されている情報を順に並べてみました。

    プロバイダ(タイプ別)平均下り速度
    GMOとくとくBB(A)280.91Mbps
    BIGLOBE(A)245.22Mbps
    ドコモnet(A)242.97Mbps
    So-net(A)229.68Mbps
    OCN(B)225.98Mbps
    Plala(A)221.25Mbps
    BB.excite(A)217.0Mbps
    タイガースネット(A)216.32Mbps
    @TCOM(B)215.7Mbps
    DTI(A)212.55Mbps
    andline(A)202.67Mbps
    Yahoo!BB(単独)190.87Mbps
    ASAHIネット(B)189.04Mbps
    エディオンネット(A)187.49Mbps
    @nifty(A)187.18Mbps
    WAKWAK(B)138.87Mbps
    楽天ブロードバンド(A)133.5Mbps
    hi-ho(A)112.3Mbps

    データ参照元:「みんなのネット回線速度」より

    このようにGMOとくとくBBの通信速度が出ることが分かります。

    GMOとくとくBBをおすすめするポイント
    • キャッシュバックが最大2万円
    • 他社違約金/撤去費用2万円負担
    • 通信速度が安定している
    • 高性能WiFiルーター無料レンタル
    • 12ヵ月間セキュリティソフト無料
    • 12ヵ月間訪問サポート初回無料

    お得なドコモ光の申込みはこちら

    ドコモ光の問い合わせ先はどこ?

    何かお困りごとがあればサービスセンターに問い合わせましょう。

    ドコモ光サービスセンター

    ドコモの携帯電話から:15715

    一般電話から:0120-766-156

    インフォメーションセンター:ドコモの携帯からなら局番なしの151
    (一般電話からなら0120-800-000)

    まとめ

    ドコモは高いイメージがありますが、値段が高い割の高品質な光サービスです。

    しかし向こうも商売なので、1円でも高くしてくるのは当然のこと。他人任せにせず、必要なものの見極めをしましょう。

    ドコモ光を契約するにあたり、最後にとりまとめておきます。必ず目を通しておきましょう。

    ドコモ光契約前確認
    • ドコモスマホを持っていること
    • 光セット割でいくら割引になるかMy docomoで調べること
    • プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ
    • 窓口ではなくWEB申し込みにすること
    • オプションは極力つけないこと

    光回線は複雑に感じる人が多いと思いますが、この記事がお役に立てれば幸いです。