オフィス(事務所)向けWiFiルーターの選び方とおすすめ5選

オフィス・事務所で利用するWiFiルーターは業務用(法人向け)のものがあるのはご存知でしょうか?

WiFiルーターには「家庭用」と「法人用(業務用)」の2種類があり、どちらでもWiFiを飛ばすことができますが、業務用WiFiルーターにするのが好ましいのはご存知でしょうか?

その理由は、「同時接続台数の多さ」「セキュリティ性能」「通信速度の安定」など色々あります。

本記事では、オフィス(事務所)向けのWiFiルーターの選び方をベースに、家庭用と法人用の違いについてカンタンに解説したうえで、事務所向けのおすすめWiFiルーターをご紹介していきます。

著者:瀬戸根弘宜
瀬戸根弘宜
私は、新聞社にネット回線のプロとして日本で唯一認められている正真正銘のプロです。13年以上にわたり累計2万人以上にネット回線選びのお手伝いをしてきた経験から、アナタにとってコスパの良いポケットWiFi・WiMAXの選び方をお伝えしています。
受賞歴:BIGLOBE 優秀賞、賢威アワード優秀賞
出身:京都府・鳥取県
著者・監修者の詳細情報はこちら

オフィス(事務所)に最適なWiFiルーターの選び方

オフィスに最適なWiFiルーターを選ぶためには、以下の5つのポイントを意識して選ぶようにしましょう。

オフィス向けWiFiの選び方

  • 家庭用WiFiルーターは極力選ばない
  • 同時接続台数に余裕をもたせておく
  • 社内ネットワークを外部から覗けなくできるものを選ぶ
  • SSIDのステルス機能があるものを選ぶ
  • ゲストWiFi機能があるものを選ぶ

それぞれの項目について、わかりやすく解説していきます。

家庭用WiFiルーターは極力選ばない

事務所に設置するWiFiルーターを選ぶ場合、家庭用の機種を選ばないほうが良いです。

その理由として、以下の4点が挙げられます。

家庭用WiFiを選ばないほうが良い理由

  • 10台以上同時に使うと速度が落ちる(CPU性能が低い)
  • 同時接続台数が少ない(家庭用は平均10台まで)
  • 情報漏えい対策がしづらい(外部認証サーバとの連携
  • 遠くまで電波が飛ばない(アンテナが少ない性能が低い)

ここから4つの理由について補足説明をしていきます。

10台以上同時に使うと速度が落ちる(CPU性能が低い)

家庭用WiFiは同時接続台数が10台前後であるケースが多く、それ以上の台数を接続しようとすると、WiFiルーター側の処理速度が追いつかず速度低下してしまいます。

その理由は、家庭用のWiFiルーターに搭載されているチップセットやCPU等の性能が低く、同時にネットワーク接続指示をする量も少なめを想定されているからです。

オフィスでWiFiルーターを活用する場合、パソコンやタブレット、スマホ等などを含めて10台以上同時接続するケースも少なくないですし、ゲストにWiFiを解放すればその分同時接続台数が増えてしまいます。

結果的に、WiFiルーター側の処理が追いつかなくなり、場合によってはWiFiルーターが再起動したり、急な速度低下により業務に支障を来してしまう可能性がでるわけです。

だからこそ、多めの同時接続台数(50~100台以上も)を想定している高スペックCPUを搭載した法人用WiFiルーターがおすすめなのです。

POINT!

WiFiルーターを増設することで同時接続台数の問題はクリアできますが、その一方で回線そのものの増設や端末の追加購入で費用がかさんでしまうというデメリットも出てきます。

同時接続台数が少ない(家庭用は平均15台まで)

家庭用WiFiと法人用WiFiとでは同時接続台数に違いがあります。

  • 家庭用WiFi:〜36台(推奨は15台程度)
  • 法人用WiFi:50台~(推奨はスペック次第)

家庭用WiFiルーターは、一般的に安定した利用ができるのは15台程度までで、その分、性能と価格が抑えめに設定されています。

一方の法人用WiFiルーターの同時接続台数は50~100台などもあり、更に同時利用数に応じて増設もできます。

従業員が増えればWiFiに接続する通信機器の台数も増えていくので、家庭用WiFiでは十分な速度が出ない可能性があります。

POINT!

従業員1人につき2~3台と計算するのが安心です。

情報漏えい対策がしづらい(外部認証サーバとの連携)

「同時接続台数だけが問題なら格安のWiFiルーターを複数台買えばよいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、法人用WiFiルーターはそれ以外にセキュリティ性能にも優れています。

たとえば、事務所に設置したWiFiルーターを外部認証サーバと連携させることで、アクセスを許可されたユーザーだけがインターネットを使えるようになります。

また、使ってほしくないWebサービスやSNSを登録しておくことで、社内ネットワークからは接続できないような設定をすることも可能です。

このような施策を施すことで、外部からの不正アクセスや社員による私的利用、社内データの情報漏えいを防げるようになります。

家庭用WiFiでは上記のようなセキュリティ機能が付いていないことが多いので、機密情報を取り扱う機会の多いオフィスでの運用には適していません。

POINT!

家庭用WiFiルーターは、マルウェア感染・スパイウェア感染等のリスクが法人用WiFiルーターと比べて高いです。

家庭用WiFiルーターは遠くまで電波が飛ばない(アンテナが少ない性能が低い)

WiFiに接続していると、特定の部屋だけ電波が弱くて接続が不安定になるといったケースに遭遇したことはないでしょうか。

これは、WiFiルーターから出力された電波には「障害物にぶつかると減衰しながら反射する」という性質があるためです。

そのため、WiFiルーターと接続機器の間で壁や人といった障害物があると弱くなった電波しか届かなくなってしまい、WiFiルーターから遠い部屋だと接続が不安定になるといった問題が発生します。

この距離はWiFiルーターのスペック次第です。

また、家庭用WiFiルーターは電波の送受信に使うアンテナが4〜8本程度であることが多く、そもそもの性能が良くない場合も多々あります。

法人オフィス(事務所)で使う場面を想定すると、オフィス内で社員が移動して、仕切りの奥にある部屋で利用する可能性もありますよね。結果的に、家庭用WiFiでは十分な電波を飛ばすことができないかもしれません。

POINT!

基本的に家庭用WiFiルーターから10メートル以内が安定して使える範囲です。
壁や柱などがあると3~5メートル縮まります。

法人向け業務用WiFiルーターはかなり遠くまで電波が飛ぶ

法人用WiFiルーターは、広いオフィスで利用することを想定しているので、電波を遠くまで飛ばせるパワー、少ない電波でもできる限り多くキャッチしようとする受信感度に優れたアンテナを搭載しています。

そのため、壁や人といった障害物が多い事務所内でも快適な速度でインターネットを活用することができます。

同時接続台数に余裕をもたせておく

法人用WiFiを選ぶ際には、同時接続台数に余裕をもたせておくようにしましょう。

上述の通り、家庭用WiFiよりも同時接続台数が多い傾向にある法人用WiFiですが、接続台数は少ないほうが安定したインターネット接続が可能です。

同時接続台数ギリギリまでの通信機器を接続してしまうと、回線速度はでているのに通信自体が遅く感じたり、WiFiルーターを何度も再起動しないと快適に利用できない状態になりやすいです。

社員数や接続機器の台数を踏まえて、同時接続台数に余裕のある機種を選ぶようにしてください。

瀬戸根

スペック上の同時接続台数はあくまで上限です。安定した利用だと3分の2を上限で考えるのが理想です。

社内ネットワークを外部から覗けなくできるものを選ぶ

法人用WiFiには、社内ネットワークを外部から覗けなくなるような機能が付いている機種もあります。

オフィスで運用する場合、社内の機密データを取り扱う機会も多いので、外部から自由にネットワークへ接続できてしまうと情報漏えいのリスクが高くなってしまいます。

情報漏えいが起こると、損害賠償が発生したり法人の社会的信用が失墜する原因となったり、様々な問題が起こりえます。

そうしたトラブルを避けるためにも、オフィスに設置するWiFiルーターは必ず外部からのアクセスを制限できる機能が付いている機種を選びましょう。

瀬戸根

ルーターの入り方を知っている方であれば、SSIDが違ったとしても、別のネットワークに接続している端末情報を見たりすることが可能です。だからこそ、こういった情報を覗けなく

SSIDのステルス機能があるものを選ぶ

WiFiに接続する際のアクセスポイントのことをSSID(Service Set Identifer)と呼びます。(WiFi設定で選択するやつですね!)

法人向けの業務用WiFiルーターには、SSIDを隠すステルス機能が付いているタイプがあり、ステルス機能を利用すると通信機器からアクセスポイントが見えないように設定することができます。

あくまでアクセスポイントが外部から見えなくなるだけなので接続自体は可能ですが、それでもアクセスポイントを隠すことで他人の不正アクセスを防止できるようになります。

その一方で、SSIDのステルス機能が働いていると起動しなくなってしまう端末も存在するので、社内でそういった端末を使用していないかを確認してから導入する必要があるといえるでしょう。

瀬戸根

社内ネットワークで利用しているSSIDが外部から見えるのはあまり好ましくはありません。

ゲストWiFi機能があるものを選ぶ

ゲストWiFi機能(ゲストポート)とは、来訪者向けに一時的なインターネット接続を可能とする機能のことをいいます。

オフィスには取引先が来訪する機会もあるかと思いますが、社内のSSIDへの接続を許可してしまうと万が一の場合にデータを不正利用されてしまう可能性もゼロではありません。

ゲストWiFi機能を活用すれば、一定時間だけ個別のSSIDを割り当てることができるので、社内ネットワークとは切り離した状態でインターネットへの接続が可能となります。

来訪者に備えて、ゲストWiFi機能が付いたWiFiルーターを選ぶようにしてください。

瀬戸根

ゲストWiFi機能は来社商談等がスムーズに進みやすくなりますよ。

オフィス(事務所)におすすめのWiFiルーター5選

ここまでにご紹介したポイントを踏まえて選んでもらえれば、オフィスで運用するのに最適なWiFiルーターが選べるようになるでしょう。

とはいえ、豊富な種類のあるWiFiルーターの中からオフィスでの運用に最適な機種を自分で見つけるのは大変です。

そこで、数あるWiFiルーターの中でも、特にオフィスでの運用におすすめのWiFiルーターを5つピックアップしてご紹介していきます。

購入型でおすすめのオフィス向けWiFiルーター3選
〜ネットワーク管理者がいる場合〜

本章でご紹介するWiFiルーターは、SSIDを独自のものに設定するだけでなく、パスワードも変更できたり、ゲスト用アカウントの作成等の設定が可能です。

ネットワーク管理者がおり、セキュリティーを担保できる場合のみ購入をおすすめします。

【5人以下の小規模オフィス向け】Aterm WX6000HP

NEC PA-WX6000HP

特徴

  1. 最新規格の「Wi-Fi6(IEEE802.11ax)」に対応で最大4804Mbps(5GHz)+1147Mbps(2.4GHz)の高速通信が可能
  2. NEC独自の技術「ハイパワーシステム」搭載で広範囲に渡ってWi-Fi電波の送受信が可能に
  3. 同時接続台数は最大36台で、バンドステアリングによってWi-Fiの混雑状況を回避して快適なネット接続を実現
  4. 最新の情報セキュリティ規格「WPA3」に対応で社内データの安全性を確保

筆者が最もおすすめするオフィス用WiFiルーターは、NECの「Aterm WX6000HP」です。

5GHz帯で最大4804Mbpsもの超高速通信に対応し、36台までの同時接続を実現しています。

またNECの独自技術「ハイパワーシステム」を搭載したことで広範囲に渡ってWi-Fi電波の送受信が可能で、広いオフィスで運用する場面には最適です。

さらに、最新の情報セキュリティ規格「WPA3」に対応している数少ないWiFiルーターなので社内データの安全性も確保されています。

5人以下の小規模オフィスで購入するWiFiルーター選びで迷ったときは、本機種を選んでおけば間違いはないでしょう。

メーカーNEC
型番PA-WX6000HP
最大通信速度5GHz帯:4804Mbps
2.4GHz帯:1147Mbps
同時接続台数最大36台まで
マルチSSID機能有り
WiFi規格IEEE802.11ax/ac/11n/11a/11g/11b
(2.4GHz/5GHz)
価格28,000円
※アマゾン販売価格

⇒メーカーの商品詳細ページはこちら

created by Rinker
ノーブランド品
¥27,700 (2021/04/16 18:29:26時点 Amazon調べ-詳細)

【7人以上のオフィス向け】WHG-AC1750AF

WHG-AC1750AF

特徴

  1. 最大100台までの同時接続が可能なモンスター級のWiFiルーター
  2. 「Wi-Fi5(IEEE802.11ac)」の対応で最大1300Mbpsの速度でインターネットが利用可能
  3. 企業での運用を目的とした高いセキュリティ機能やオフィス内で各機器を快適に利用するための様々な機能が搭載
  4. ネットワーク管理者が運用しやすくなる柔軟な管理手法を多数用意

様々な機能を活用しながらネットワークの管理を厳密に行いたい法人におすすめのWiFiルーターが、アイ・オー・データ機器の「WHG-AC1750AF」です。

対応規格はWi-Fi5(IEEE802.11ac)までですが、最大1300Mbpsと実用面では何ら不自由のない速度でのインターネット接続が可能です。

それに加えて、一発で複数台に接続設定ができる「EasyCopy機能」、「ログ管理」や「スケジュール動作」によるアップデートなど、ネットワーク管理者が柔軟な設定を行えるように豊富な機能が搭載されています。

専門的な知識が必要とはなるものの、法人ごとで最適な設定でWiFiルーターを運用できるようになるので、社内のネットワーク管理を徹底的に行いたい法人には最適な端末です。

メーカーI-O DATE
型番WHG-AC1750AF
最大通信速度最大1300Mbps
同時接続台数100台
マルチSSID機能有り
WiFi規格IEEE802.11ac/11n/11a/11g/11b
(2.4GHz/5GHz)
価格27,700円
※メーカー定価

⇒メーカーの商品詳細ページはこちら

created by Rinker
アイ・オー・データ
¥26,834 (2021/04/16 18:29:27時点 Amazon調べ-詳細)

【20人以上のオフィス向け】WAB-M1775-PS

WAB-M1775-PS

特徴

  1. エレコム社製の法人用WiFiルーターで最大1775Mbpsの速度に対応
  2. 同時接続台数は最大256台と社員数の多い法人オフィスや学校等にも最適
  3. 最新セキュリティーWPA3対応
  4. 接続端末間の動画再生やデータダウンロード時間のばらつきを抑える「平等通信機能」搭載
  5. マルチSSID機能、PoEパススルー機能、ゲストWiFi機能搭載で幅広い運用が可能
  6. オプション外付けアンテナで電波環境向上可能
  7. 安心の3年保証でユーザー登録をすればさらに2年間の保証延長が受けられる

費用を安く抑えつつも高性能な法人用WiFiルーターが欲しい人におすすめなのが、エレコム社製の「WAB-M1775-PS」です。

最大1775Mbpsの通信速度に対応で、同時接続台数は最大256台と大量!並大抵の使い方では速度が低下することはないでしょう。

また、マルチSSID機能やPoEパススルー機能、ゲストWiFi機能といった豊富な機能を搭載しており、手軽にマルチな機能を利用できる利便性が売りといえます。

更に、端末ごとに通信速度が違うなどの、ばらつきを抑える「平等通信機能」を搭載しているので、常に安定した利用が可能です。

また、購入してから3年間はメーカー保証が受けられることに加え、ユーザー登録をすればさらに2年間の保証期間を延長できます。

コストパフォーマンス重視で法人用WiFiルーターを選びたい人にうってつけの端末と言えるでしょう。

メーカーELECOM
型番WAB-M1775-PS
最大通信速度最大1775Mbps
同時接続台数256台
マルチSSID機能有り
WiFi規格IEEE802.11ax/11ac/11a/11n/11a/11g/11b
(2.4GHz/5GHz)
価格31,240円
※メーカー定価

⇒メーカーの商品詳細ページはこちら

サービス型のオフィス向けWiFiルーター2選
~ネットワーク管理者なしの場合~

社内にセキュリティー的知識をもったネットワーク管理者が置かない場合、管理を含むサービス型のオフィス向けWiFiルーターを選ぶのがおすすめです。

ここではおすすめの2サービスをご紹介いたします。

【おすすめ】ギガらくWi-Fi(NTT)

ギガらくWi-Fi

特徴

  1. NTTが提供する安心のオフィス向けWiFiルーターサービス
  2. 人数や性能に応じてプランを選べる
  3. 社内ネットワークのシステムを変更することなく簡単に導入できる
  4. ゲストWiFi機能やFacebook連携など、豊富な機能が標準搭載
  5. 導入時の初期設定からトラブル対応、WiFiに関するヘルプデスクなどのサポートは365日いつでも対応

NTTグループが提供する一体型のWiFiサービスが「ギガらくWiFi」です。

ギガらくWiFiは申し込みをすると設定済みのWi-Fiアクセスポイント装置が送られてくるので、電源コードとLANケーブルを差し込むだけですぐに使えるようになることが特徴です。

また、導入時の初期設定から利用開始後のトラブル対応まで、全体を通して365日のサポートが受けられるので安心してご利用いただけます。

公式サイト内には実際にギガらくWiFiを導入している企業の活用事例が掲載されている他、活用シーンに合わせたモデル料金もわかりやすくまとめられているので、導入後の利用イメージがつかみやすいと言えるでしょう。

何よりNTTグループのサービスという安心感があるので、自社にネットワーク管理者を置かずに法人用WiFiルーターを設置したい企業にはおすすめのサービスです。

ハイエンド6プランの場合
プラン内容ハイエンド6プラン
・接続端末限定
・SSID別のアクセス制限
・通信帯域設定
・電波オンオフのスケジュール
・来訪者向けWi-Fiインターネット
・Facebook Wi-Fi
・Japan Wi-Fi連携
・無線マルチホップ
・電波出力自動調整
・ブラウザ認証(メール&SNS)
・ダッシュボード(利用状況表示画面)
・指定アプリケーションブロック
・アプリケーション帯域制御
・指定Webサイト表示
・接続ユーザー認証
・お客さまサーバー連携
その他のプランもあり
・ハイエンドプラン、ライトプラン等
月額料金NTT東日本:4,180円(24か月間の最低利用期間あり)
NTT西日本:3,630円(5年契約)
最大通信速度2,400Mbps
(IEEE802.11axにて接続時)
同時接続台数100台
WiFi規格IEEE802.11ax/ac/11n/11a/11g/11b
(2.4GHz/5GHz)
備考ご利用には、フレッツ光などのインターネット接続サービスおよびプロバイダサービスのご契約が必要です。
(ネット環境がすでにあるなら不要)

※最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。
※ご利用環境(インターネット接続回数や端末機器の仕様など)や回線混雑状況などにより大幅に低下することがあります。
※お客さまのご利用環境によって、同時接続端末台数は変わります。

ギガらくWi-Fiの公式サイトをみる

ビジネスWi-Fi(USEN)

U-SEN ビジネスWiFi

特徴

  1. USENが提供する運用・管理一体型のオフィス向けWiFiルーターサービス
  2. 豊富な拡張機能と安心のサポートをリーズナブルな価格で利用可能
  3. 企業向け無線LANマーケットシェアで上位に位置し40,000社を超える導入実績がある
  4. 他社の導入事例が掲載されているので活用シーンを想定しやすい

ビジネスWi-Fiは、USENグループの「USEN ICT Solutions」が提供する一体型オフィス向けWiFiルーターです。

企業向け無線LANのマーケットシェアで上位をキープしており、約40,000社を超える導入実績を誇っていることが特徴です。

リーズナブルな価格でありながらも豊富な機能が標準搭載されているサービスで、自社に合わせて様々なオプションを付与できます。

他社の導入事例が公式サイトに掲載されているので、活用シーンをより明確にイメージしやすく、導入前の不安を払拭してくれるサービスだといえます。

プラン内容オフィスで利用するためのセキュリティやサポートを備えたビジネスモビリティに特化したサービスを一元管理で受けられるサービス
月額料金2,200円〜
最大通信速度Aruba AP-505:最大1500Mbps
同時接続台数最大256台
WiFi規格IEEE802.11ax/ac/11n/11a/11g/11b
(2.4GHz/5GHz)
備考事務手数料5,000円+AP機器代32,600円〜+工事費用が必要

光回線をまだ引いてないなら先に光回線が必要

法人向けWiFiルーターを設置するにあたって、必要不可欠なのが固定インターネット回線です。

インターネット回線にはCATVやモバイル回線などいくつかの種類がありますが、法人が事務所で運用するのであれば光回線サービスが必須と言えます。

とはいえ、たくさんの種類がある光回線の中からどれを選べばよいかわからないという人も多いかと思うので、筆者がおすすめするオフィス向けの光回線についてご紹介いたします。

オフィス(事務所)なら結局フレッツ光が一番融通が利く

フレッツ光

オフィスで運用するのであれば「フレッツ光」が一番融通が利く使いやすい光回線といえます。

その理由は、ネット回線としての品質だけでなく、ビジネスに欠かせない電話回線の組みやすさもピカイチだからです。

業務に活用するインターネット回線であれば、不自由のない速度で利用できることはもちろん、万一トラブルが発生した場合のサポート対応まで考慮しておく必要があります。

フレッツ光は、旧来から数多くの法人で導入されていることから活用事例などの豊富なデータが取り揃えられており、自社に合わせた最適なプランでの運用がしやすいことが特徴です。

今でこそドコモ光やソフトバンク光といった数多くの光回線が登場していますが、これらは基本的に個人向けのサービスであるため、法人への導入実績が少なく対応に慣れていないことが多いです。

法人がフレッツ光を導入しようとすれば、基本的にはNTT内の法人担当者が窓口に付いてくれるので、過去の事例などから実現可能な範囲内でプランのチューニングも行ってくれるでしょう。

これらの理由から、業務に活用するための光回線を選ぶなら断トツで「フレッツ光」がおすすめです。

フレッツ光のおすすめ代理店はこちら

まとめ

これから自社のオフィス内にWiFiルーターを設置する場合は、セキュリティーの知識があるネットワーク管理者がいるなら、家庭用ではなく法人向けの業務量WiFiルーターを購入するようにしましょう。

その理由は、家庭用WiFiではそもそものスペックが足りなかったり、セキュリティ面で不安が残ったりと、様々な場面で問題が浮き彫りになる可能性があるためです。

ただネットワーク管理者がいないのであれば、セキュリティーの担保が難しいので、ギガ楽WiFi等サービス型のWiFiを利用するのが好ましいです。

ぜひこの記事を参考に、自社にピッタリのWiFiルーターを選んでみてくださいね!