WiMAXレンタルおすすめ業者5選|利用期間別比較や業者の選び方(ホームルーター対応)

当ページのリンクには広告が含まれています。
WiMAXレンタルのおすすめと選び方|利用期間別に安い業者・5G/4Gの違いがわかる

レンタル利用できるWiMAXはどこで借りるのがおすすめなのか?

まず、WiMAXをレンタルしようと考えている方のそれぞれに適したサービスは、利用用途や利用期間、状況により5つに分けることができます。

WiMAXレンタル
おすすめの選択肢

このように、どんな人がどのような目的で、どのような方が、どの程度の期間使うのか?で、最適なWiMAXレンタル業者は異なります。

ちなみにWiMAXとヒトコトで言っても、現行プランのWiMAX(5G対応)もあれば、5G非対応の過去プランと同様の通信士しかできないものもあり、WiMAXと記載があってもしっかりと選ぶ必要があります。。

ここでは、WiMAX+5G(5G対応)とWiMAX2+(5G非対応)の違いも含め、WiMAXレンタル業者の料金比較から選び方まで徹底的にご紹介しております。

この記事の監修者
瀬戸根(セト・せっちゃん)

瀬戸根 弘宜
ネット回線アドバイザー

神戸新聞社が認めるネット回線アドバイザーであり株式会社LIFEFiTの代表取締役。利用ユーザーのことを第一に考えた、本来あるべきインターネット回線の選び方を提唱。Yahoo知恵袋専門家でもある。
監修者プロフィール(マイベストプロ)

この記事の目次

WiMAXレンタルおすすめ業者5選|利用期間や目的別で選択肢は違う

WiMAXレンタルのおすすめ業者は、全部合わせると10社以上ありますが、その中でもおすすめできる業者は次の5つです。

それぞれの詳細はこちらです。

WiFiレンタルどっとこむ|最新機種を1ヶ月以内の短期利用に最適

WiFiレンタルどっとこむ

Wi-Fiレンタルどっとこむは、東証一部上場企業の株式会社ビジョンが運営の、国内最大手のWi-Fiレンタル業社であり、国内におけるレンタル実績が最も多い業者でもあります。

1番の特徴は、最新機種をいち早くレンタルでき、さらに料金は高すぎることがないので、安心して最高品質の機種を利用できることです。

また、海外用WiFiも取り扱っており、一式がWiFiレンタルどっとこむの専用ケースで届くので、使い勝手が非常に良いのが特徴です。

特徴(メリット・デメリット)
  • 31日以降は1日単位で自動延長になる
  • WiFiレンタル業界で最大手
  • 17時まで最短当日発送している
  • 返却期限が翌日朝8時まで
  • ホームルーターは最新機種を取り扱い
  • 取り扱い機種が多い
  • 専用バッグで送られてくるからわかりやすい
  • 自動延長だから返却忘れ時の費用が高額にならない
  • 料金だけで見ると最安値ではない
WiFiレンタルどっとこむのプラン詳細を見る
取り扱い機種
(モバイルルーター)
<WiMAX+5G機種>
・Speed WiFi 5G X11
・Galaxy 5G Mobile WiFi
<WiMAX2+機種>
・Speed Wi-Fi NEXT W06
・Speed Wi-Fi NEXT WX06
ホームルーター
取扱い
<WiMAX+5G機種>
・Speed Wi-Fi 5G HOME L13
・Speed Wi-Fi 5G HOME L12
・Speed Wi-Fi 5G HOME L11
<WiMAX2+機種>
・Speed Wi-Fi HOME L02
・HOME02
レンタル料の特徴1週間以内の短期間が安い
配送料1,100円
延長の有無可能
※1日ごとの料金設定
解約日端末返却日(手続き不要)
※返却日不明時は端末到着日の前日
最短発送当日
※17時以降は翌日
セット内容・ケース
・ルーター
・ACアダプター
・USBケーブル
・返却用封筒(ゆうパック)
返却方法郵便ポストに投函
※3台以上はヤマト運輸で着払い
返却期限レンタル終了日の翌月8時までにポスト投函
配送業社クロネコヤマト
ゆうパック
宅配ボックス受け取り不可
自宅以外への配送可能
未成年の申込不可
決済手段クレジットカード
請求書払い(法人のみ)

WiFiレンタル屋さん|モバイルルーターを1週間以内の利用なら最適

WiFiレンタル屋さん

WiFiレンタル屋さんは、国内におけるモバイルWiFiレンタル業者の3大大手業者のひとつです。

ただ、ホームルーターのレンタルは行っていないので、モバイルWiFiルーター専門のレンタル業者となります。

ただそれでも料金の安さは魅力で、レンタル自体のシステムも最大手のWiFiレンタルどっとこむと遜色ないので、モバイルルーターで短期利用ならココを選べば間違いありません。

特徴(メリット・デメリット)
  • モバイルルーターを1週間以内の短期利用なら最安値
  • 17時まで申し込みで最短当日発送している
  • ホームルーターの取り扱いがない
  • 取り扱い端末の種類が少ない
  • 1ヶ月以上は割高になる
WiFiレンタル屋さんのプラン詳細をみる
取り扱い機種
(モバイルルーター)
<WiMAX+5G機種>
・Galaxy 5G Mobile WiFi
<WiMAX2+機種>
・Speed Wi-Fi NEXT W06
・Speed Wi-Fi NEXT WX06
ホームルーター
取扱い
取り扱いなし
レンタル料の特徴1週間以内の短期間が安い
配送料1,100円
延長の有無可能
※1日ごとの料金設定
解約日端末返却日(手続き不要)
※返却日不明時は端末到着日の前日
最短発送当日
※17時以降は翌日
セット内容・ケース
・ルーター
・ACアダプター
・USBケーブル
・返却用封筒(ゆうパック)
返却方法郵便ポストに投函
※3台以上はヤマト運輸で着払い
返却期限レンタル終了日の翌月8時までにポスト投函
配送業社クロネコヤマト
ゆうパック
宅配ボックス受け取り不可
自宅以外への配送可能
未成年の申込不可
決済手段クレジットカード
請求書払い(法人のみ)

FreeMAX|1~3ヶ月のレンタルに最適

FreeMAX+5G

FreeMAX+5G(フリーマックス)は、1ヶ月単位でWiMAXがレンタルできるプロバイダサービスです。

1日単位の業者とは少し趣が異なり、端末レンタルでの縛り無しプランの提供という形なので、違約金や端末残債等がなく1ヶ月単位でのレンタル費用が安い代わりに、事務手数料があり1ヶ月単位でしか借りられないのが特徴です。

1ヶ月以上レンタルする場合にコストメリットの大きいサービスであり、1~3ヶ月利用するなら間違いなくFreeMAX+5G(フリーマックス)を選ぶのが最適です。

特徴(メリット・デメリット)
  • WiMAX+5Gを1ヶ月以上利用なら最安値
  • 1ヶ月単位レンタルで唯一お試し期間がある
  • サポートセンターが丁寧
  • 解約時に解約手続きが必要
  • 1日単位のレンタルはできない
FreeMAX+5Gのプラン詳細を見る
取り扱い機種
(モバイルルーター)
<WiMAX+5G機種>
・Galaxy 5G Mobile WiFi
<WiMAX2+機種>
取扱なし
ホームルーター
取扱い
<WiMAX+5G機種>
・Speed Wi-Fi 5G HOME L11
<WiMAX2+機種>
取扱なし
レンタル料の特徴3ヶ月以上利用なら最安値
※WiMAX+5Gのみ
配送料返送料のみ自己負担
延長の有無可能
※1ヶ月ごと
解約日解約手続き月の月末
※毎月16日以降は翌月末解約扱い
最短発送当日
※12時以降は翌日
セット内容・ルーター
・USBケーブル
・SIMピン
・説明書
・箱
返却方法ゆうパック等の宅配便で送る
返却期限解約月末の翌日が理想
配送業社クロネコヤマト
宅配ボックス受け取り不可
自宅以外への配送不可
未成年の申込不可
決済手段クレジットカード
請求書払い(法人のみ)

ただし、3ヶ月以上利用する場合のコスパは、端末購入が必要なWiMAXプロバイダで契約した方がお得になるケースもあります。

WiFi東京レンタルショップ|2週間~1ヶ月程度の短期レンタルに最適

WiFi東京レンタルショップ

WiFi東京レンタルショップは、2週間以上からの料金が最安値級に設定されています。

ただその反面、自動延長ができないので、利用期間が2週間〜1ヶ月程度の間で明確なら、おすすめできるWi-Fiレンタル業社です。

特徴
  • WiMAX+5Gが2週間〜1ヶ月なら最安値
  • ホームルーターも取り扱い
  • 返却期限が翌日12時までと長い
  • 銀行振込での利用も可能
  • WiMAX機種はいずれも1世代前の機種(WiMAX+5Gは対応)
  • 自動延長ができない(延長は申請&事前決済が必要)
  • 端末返却を忘れると高額な費用がかかる(1日2,200円)
WiFi東京レンタルショップのプラン詳細を見る
取り扱い機種
(モバイルルーター)
<WiMAX+5G>
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
<WiMAX2+>
なし
ホームルーター
取扱い
<WiMAX+5G機種>
・Speed Wi-Fi 5G HOME L11
<WiMAX2+機種>
取扱なし
レンタル料の特徴2週間〜1ヶ月間で安い
※WiMAX+5Gのみ
配送料1,100円
延長の有無
※延長申請で可能
解約日端末返却日(手続き不要)
※返却日不明時は端末到着日の前日
最短発送当日
※16時以降は翌日
セット内容・ケース
・ルーター
・ACアダプター
・USBケーブル
・返却用封筒(ゆうパック)
※ホームルーターはダンボール
返却方法郵便ポストに投函
※ホームルーターは宅配便
返却期日レンタル終了日の翌日12時まで
※ポストの最終集荷時間まで
配送業社ヤマト運輸
宅配ボックス受け取り不可
自宅以外への配送可能
未成年の申込不可
決済手段クレジットカード
銀行振込
請求書払い(法人のみ)

Try WiMAX|WiMAX契約前のお試しレンタルに最適

TRY WiMAX

TRY WiMAXは、WiMAXを契約しようと考えている方に対して、お試しいただくために用意されているサービスです。
契約する予定はないという方は利用対象外となっています。

また契約する予定だったとしても、レンタル用機器ですので期日までに返却が必要で、利用にはクレジットカードの登録が必要です。

ただWiMAXを契約しようか考えていて、お試しWiMAXを使ってみたいなら、ぜひTRY WiMAXをお試しください。

Try WiMAXのプラン詳細と対象機種を見る
取り扱い機種
(モバイルルーター)
<WiMAX+5G>
・Speed WiFi 5G X12
・Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
<WiMAX2+>
なし
ホームルーター
取扱い
<WiMAX+5G機種>
・Speed Wi-Fi 5G HOME L13
・Speed Wi-Fi 5G HOME L11
<WiMAX2+機種>
取扱なし
レンタル料の特徴無料
配送料無料
延長の有無
※延長はできない
最短発送当日
※14:30時以降は翌日
セット内容・専用ケース
・ルーター本体
・ACアダプター
・充電用USBケーブル
・着払い用伝票(ヤマト)
・つなぎかたガイド(説明書)
返却方法到着時の段ボールに入れ
コンビニ等でヤマトで返送
返却期日指定の返却期日
配送業社ヤマト運輸
宅配ボックス受け取り不可
自宅以外への配送不可
未成年の申込不可
決済手段クレジットカード

Try WiMAXの注意点

Try WiMAXにはいくつか注意点があるので先にご説明させていただきます。

  • クレジットカードが必要
    端末未返却を防ぐための対策として、クレジットカード情報の登録が必要です。
    また利用者と同一名義のクレジットカードが必要です。
    ※未返却時や破損・紛失時は、端末代金相当代(22,000円~27,720円)が請求されます。
  • 実質使える期間は12~13日ほど
    申し込みからUQ WiMAXへの到着日までを含めて、15日間が最大レンタル期間となっています。
    そのため申し込みから到着までの期間と、発送からUQ WiMAXに届くまでの期間を考慮する必要があります。
  • 180日空けないと再利用できない
    Try WiMAXは利用検討者向けサービスのため、一度使用してから180日の期間を空けないと連続使用ができません。
  • SMS or キャリアメールが必要
    電話番号でのメール(メッセージ)か、キャリアメールアドレスでのメールが利用できない方は、Try WiMAXの利用ができません。
    利用者情報特定の観点からの施策のため、これはどうしようもありません。
  • Try WiMAXで利用機種は必ず返却が必要
    Try WiMAXを利用して、使用感など良いな!と感じても、そのまま使用することはできません。
    必ず期限内に返却をする必要があるので、返却タイミングを見越して、お得なWiMAXプロバイダからお申し込みするようにしましょう。
    おすすめのWiMAXプロバイダはこちら

WiMAXの契約検討中の方で、上記注意点に問題ない方は、積極的に利用して使用感を確かめてください。

WiMAXレンタルの業者の失敗しない選び方

WiMAXレンタルをする業者を選ぶ時にしておくことがあります。

またレンタル業者選びで失敗しないために大切なこともあるので、順を追ってご説明します。

WiMAXレンタル業者選びの流れ
  1. エリア判定を必ず行う
  2. 5G端末を取り扱っている業者を必ず選ぶ
  3. 利用期間に合わせて安いWiMAXレンタル業者を選ぶ

たった3つのステップで、最適な業者を見つけるだけですが、それぞれにおいて注意点もいくつかあるので、できれば目を通してください。

最適なWiMAXレンタル業者のわかる比較へ進む

WiMAXを利用する場所でエリア確認を行う

WiMAXレンタルをした後、電波の安定しない場所での利用だった場合でも、費用が発生してしまうので、利用場所でのエリア判定は非常に大切です。

対応エリアかどうかは、電波の種類選択で「WiMAX+5G」「スタンダードモード」にチェックを入れてご確認ください。

基本的にレンタルでは、ハイスピードプラスエリアモードは利用できないので、プラチナバンドエリアは使えないものと考えていただく必要があります。
そのため、通信モードはスタンダードモードで必ず調べておくことを推奨します。

WiMAX+5G機種が選べるレンタル業者に絞る

WiMAXの現行サービスは、WiMAX+5G(5G回線利用可能)となっています。

しかし、WiMAXレンタル業者の中には、旧サービスのWiMAX2+(4G回線でしか通信できない)をレンタルしている業者もあります。

旧サービスのWiMAX2+は、現行サービス(WiMAX+5G)より若干料金が安くなっていますが、通信速度が非常に遅く、電波の安定性も劣るので、室内での安定性が大幅に劣ってしまいます。

そのため、WiMAX2+で提供されている端末は選ばないようご注意ください。

WiMAX+5Gで提供している機種

<モバイルルーター>

  • Speed Wi-Fi 5G X12(最新)
  • Speed Wi-Fi 5G X11
  • Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

<ホームルーター>

  • Speed Wi-Fi HOME 5G L13(最新)
  • Speed Wi-Fi HOME 5G L12
  • Speed Wi-Fi HOME 5G L11

上記以外の機種は、WiMAX2+となります。

利用期間や用途に合わせて安いWiMAXレンタル業者を選ぶ(料金比較をする)

WiMAXレンタルは、利用期間や利用目的次第でかかってくるコストがサービスごとに違います。

選択肢となる
利用期間や利用目的
  • 2週間以内の短期利用
  • 2週間〜2ヶ月未満の短期利用
  • 2ヶ月以上〜6ヶ月未満の短期利用
  • 長期契約前のお試し利用(実質12日程度しか使えない)

長期契約前のお試し利用であれば、Try WiMAXを使用することで無料レンタルにて使い勝手を試すことができます。

しかし、短期利用目的の方はTry WiMAXが利用できないため、利用期間に応じて安く便利に利用できるWiMAXレンタル業者を選ぶことが重要となります。

WiMAXレンタルの注意点3つ|利用前に知っておくべきこと

WiMAXレンタルする前に知っておくべき注意点があるのでご紹介しておきます。

大きな注意点3つ
  • 必ずWiMAX+5G機種を選ぶこと
    ※旧サービスのWiMAX2+レンタルも一部あるため
  • 基本はクレジットカード払いのみ
    ※クレジットカード未所持だと、しか選択肢がない
  • 返却遅延や破損・故障があると高額請求されるケースがある
    ※端末代金に相当する費用を請求されたり、延滞料金が請求される可能性があります。

それぞれについてご説明します。

必ずWiMAX+5G機種を選ぶ!旧サービス(WiMAX2+)とはスペックが大幅に違う

WiMAXは、旧サービス(WiMAX2+)から現行サービス(WiMAX+5G)に変わったことで、通信スペックが大幅に向上しました。

逆に言えば、旧サービス(WiMAX2+)の通信スペックは、今ではあまり良いとは言えないわけです。

現行サービス(WiMAX+5G)と
旧サービス(WiMAX2+)の大きな違い
  • 繋がるエリアや地下・室内での安定性が大幅に向上
  • 実際に出る通信速度が2倍以上に向上
  • データ容量無制限&3日制限なしになった

間違って旧サービスで提供されているWiMAX2+機種を選んでしまわないよう、ぜひ現行サービスとの違いを知っておいていただけると幸いです。

違い1:繋がるエリアと地下・室内での安定度が違う

WiMAX+5G(現行サービス)では、旧サービスから使用できるWiMAX2+回線に加え、auスマホの高速通信を担う2.1GHz帯のau4GLTEが利用できるようになり、さらにau5G回線まで使用できるようになりました。

その結果、旧サービス(WiMAX2+)では電波が弱くなっていた場所でも、現行サービス(WiMAX+5G)はau4GLTEにより、電波が弱くなりがちだった場所での安定性が大幅に向上しています。

WiMAX+5GとWiMAX2+の対応エリアの違いイメージ
現行サービス(WiMAX+5G)と旧サービス(WiMAX2+)の対応エリアの違いイメージ

WiMAX+5GはWiMAX2+の弱点を、au 4G LTEにより補ってくれているので、室内や地下での安定性が明らかに向上したというわけです。

実際に違いを実感している方も多いです。

瀬戸根

実際に使っていて感じるのが、まず山間部でも山奥に近い場所以外なら繋がるんじゃない?と思うほど圏外がなくなりました。

違い2:実際の通信速度がWiMAX+5Gは2倍ほど速い

現行サービスのWiMAX+5Gは、5G回線以外のエリアでもau4GLTEがデフォで使えるので、実際の通信速度も大幅に向上しています。

実際に、全く同じ場所・同じ時間に、瀬戸根さんが計測したデータをお借りしたので掲載しました。

■撮影データ
場所:京都市内(四条通のタリーズコーヒー奥の席)
時間:16時20分頃

WiMAX+5G
(Galaxy 5G Mobile Wi-Fi)
WiMAX2+
(WX06)
下り速度
(ダウンロード)
45Mbps6.2Mbps
上り速度
(アップロード)
2.6Mbps5.1Mbps
Ping
(反応速度)
22ms38ms
WiMAX2+とWiMAX+5Gの実測値

※カフェの入口から一番奥側にある席で、WiMAX2+回線の電波が弱くなりがちな場所だったようですが、Galaxy 5G Mobile Wi-Fiは速い数字でびっくりしました。

下り速度は、旧サービス(WiMAX2+)のほうはかなり悪く、現行サービスのWiMAX+5Gは非常に高速です。

あらゆる場所で試したそうですが、基本的にWiMAX+5Gのほうが明らかに速く、20Mbpsを切る事が殆どなかったそうです。

瀬戸根

これだけ速度差があるのは、WiMAX+5Gで使えるau4GLTEが使えるから以外に考えられないです。

最新機種はさらに高速になっている

現行サービスのWiMAX+5Gが利用できる、機種は3種類ありますが、その中でも最新機種は更に5G回線を効率よく使える機種となっており、実際の通信速度も大幅に上がっています。

実際の速度データ

Speed WiFi 5G X12下り平均:108.77Mbps
上り平均:24.06Mbps
Speed WiFi 5G X11下り平均:69.26Mbps
上り平均:12.51Mbps
Galaxy 5G Mobile WiFi下り平均:69.23Mbps
上り平均:15.58Mbps
2023年11月22日時点のデータ

明らかに最新機種のSpeed Wi-Fi 5G X12の通信速度は群を抜いています。

最新機種が早い理由は、最新の5G通信に最適化された通信技術5G SAが利用でき、端末自体のスペックも高いからです。
WiMAX+5Gにも「ギガ放題プラス」と「ギガ放題プラスS」という2種類のプランがあり、最新機種で利用できるプランは「ギガ放題プラスS」というプランしか5G SAに対応していません。
WiMAXの5G SAの詳細はこちら

違い3:データ容量無制限&3日制限なしになった

現行サービスのWiMAX+5Gは、1ヶ月のデータ通信容量の制限なし(無制限)&3日制限なしです。

ただ旧サービスのWiMAX2+は、3日制限があるため実質的に無制限ではありません。

時間帯WiMAX+5G
(現行サービス)
スタンダードモード時
WiMAX2+
(旧サービス)
※スタンダードモード時
今日(1日目)30GB利用30GB利用
明日(2日目)
30GB利用
速度制限なし

10GB利用
3時~18時:速度制限なし
18時~翌2時:速度制限
明後日(3日目)
30GB利用
速度制限なし

10GB利用
3時~18時:速度制限なし
18時~翌2時:速度制限
さらに次の日も夜は速度制限
速度制限のイメージ表

このように現行サービスは3日制限を気にする必要なく利用できるので、使い勝手が大幅に向上しています。

ただ無制限の現行サービスでも、モバイル回線を使用したサービスの特上、どうしても完全無制限にできないという背景があり、あまりに数日中に使いすぎたり、以下のような条件で速度制限にかけられる可能性はあるようです。

速度制限にかかる可能性がある例
  • 一定期間内に大量のデータ通信があった場合は速度制限にかかる
    →一定期間&大量のデータ通信の正確な数値は非公開(基地局の混雑状況次第)
  • 混雑する時間帯の通信速度を制限する場合がある
    →基地局の混雑状況次第です。制限される場合でも最大1Mbps以上になるよう調整されているようです。
瀬戸根

数日中で100GBほど使っても速度制限にかかった試しがないので、念の為あるぐらいに考えておくことを推奨します。

基本はクレジットカード払いのみ!法人のみ請求書払い対応

WiMAXレンタルの支払い方法は、クレジットカード払いに限られるため、口座振替等を選ぶことはできません。

そのため、クレジットカードを持っていない方は、口座振替対応のWiMAXを選ばれるか、契約不要でチャージができる買い切り型WiFiを選ばれることを推奨します。

法人契約の場合は、クレジットカード以外に請求書払いも選べます。

返却遅延や破損・故障があると高額請求されるケースがある

レンタルしているもの一式の返却期限を過ぎて返却できていなかった場合、レンタル業者により以下の料金がかかります。

種類最大金額
返却期日超過1日2,200円〜端末相当代
※自動延長の業者もある
破損や故障端末相当代~48,800円
※補償加入時は安くなる

破損や紛失、自然故障以外の故障ですと、レンタル業者にとって商品を他者に貸出できない期間も発生するため、基本的には高額費用が請求されてしまいます。

レンタル日数が決まっている業者の場合、返却期日までに返却しないと基本的には延滞料金が設定されているので払うことになります。

また1ヶ月単位のレンタル業者の場合は、1ヶ月分の利用料を請求されることになるので、返却期日は守るように利用することを推奨いたします。

WiMAXレンタル業者を利用期間別で料金比較

レンタルWiMAXは、月跨ぎができる1日単位のレンタルサービスと、月跨ぎができない1ヶ月単位のレンタルサービスがあり、利用開始日によってかかる費用が大きく異なってきます。

そして、2つの利用開始日を元に、利用期間別にWiMAXのレンタル料金を比較した結果、多くの比較メディアとは全く違う結果が出ました。

※尚、WiMAX2+もレンタルできるサービスもありますが、料金はWiMAX+5Gのもので計算しています。

スクロールできます
業者基礎料金ホームルーター
取り扱い
月またぎ自動
延長
2泊3日
送料・初期込
6泊7日
送料・初期込
2週間(14日)
送料・初期込
1ヶ月(30日)
送料・初期込
2ヶ月(60日)
送料・初期込
3ヶ月(90日)
送料・初期込
NETAGE
1日単位
1日:715円~
1ヶ月:9,460円~
送料:1,100円

最新機種あり

できる

できる
(1日単位)
3,245円6,105円10,560円10,560円20,015円29,480円
WiFiレンタル
どっとこむ
1日単位
1日:700円~
1ヶ月:9,800円~
送料:1,100円

最新機種あり

できる

できる
(1日単位)
3,200円6,000円10,900円10,900円20,064円29,544円
e-ca
1日単位
1日:700円~
1ヶ月:9,800円~
送料:550円

ある

できる

できる
(1日単位)
約3,200円約6,000円約10,900円約10,900円約20,064円約29,544円
WiFi
レンタル屋さん
1日単位
1日:590円~
1ヶ月:8,850円~
送料:1,100円

ない

できる

できる
(1日単位)
2,870円5,230円9,360円9,950円16,800円23,100円
WiFi東京
レンタルショップ
1日単位
1日:1,320円~
1ヶ月:8,800円~
送料:1,100円

ある

できる

申請が必要
3,080円5,500円7,700円9,900円18,150円25,300円
シンプルWiFi
1ヶ月単位
1ヶ月:4,840円
送料:無料
事務手数料3,300円

最新機種あり

できない
2ヶ月目に入る

できる
(1ヶ月単位)
8,140円8,140円8,140円8,140円12,980円17,820円
FreeMAX+5G
1ヶ月単位
1ヶ月:4,800円
送料:無料
事務手数料3,300円

最新機種あり

できない
2ヶ月目に入る

できる
(1ヶ月単位)
8,100円8,100円8,100円8,100円12,900円17,700円
5G CONNECT
1ヶ月単位
1ヶ月:4,950円
送料:無料
事務手数料3,300円

最新機種あり

できない
2ヶ月目に入る

できる
(1ヶ月単位)
18,150円18,150円18,150円18,150円18,150円18,150円
WiMAX+5G機種での料金を参照

月初からWiMAXをレンタルされる方は少ないため、月半から利用開始を想定した料金比較が現実的です。

そして、料金比較のやり方次第で最安値のWiMAXレンタル業者は異なることが比較表からわかっていただけたかと思います。

これら比較をもとに導き出される結論は以下の通りです。

1週間以内WiMAXレンタルの最安値は!Wi-Fiレンタル屋さん

WiFiレンタル屋さん

WiFiレンタル屋さんは、1週間以内のレンタルであれば最安値であり、それ以外の期間でも比較的安い金額帯を維持しているレンタル業者です。

ちなみにWiFiレンタル屋さんは、返却等も踏まえた使い勝手も非常に高く、レンタル業者の中では充分大手といえ、端末在庫の多いことから利用者も多く安心して利用できる数少ないレンタル業者の1つです。

全WiMAXレンタル業者中のスタンス
(料金面)

2泊3日6泊7日

最安値

最安値
2週間(14日)1ヶ月(30日)

安くはない

2番目の安さ
2ヶ月(60日)3ヶ月(90日)

2番目の安さ

安くはない

2週間~1ヶ月WiMAXレンタルの最安値は!WiFi東京レンタルショップ

WiFi東京レンタルショップ

WiFi東京レンタルショップは、2週間〜1ヶ月以内のレンタルであれば最安値です。

それ以外の期間はそこまで安くはないですが、月跨ぎができない等に縛られたくない方かつ、比較的安い金額帯を維持しているレンタル業者です。

ちなみにWiFi東京レンタルショップは、1ヶ月単位のレンタルWiMAXである「FreeMAX+5G」を運営している業者でもあり、モバイルWiFi事業を数多く手掛ける業者でもあるため、レンタル業者としての信頼度は高いです。

全WiMAXレンタル業者中のスタンス

2泊3日6泊7日

2番目の安さ

2番目の安さ
2週間(14日)1ヶ月(30日)

最安値

最安値
2ヶ月(60日)3ヶ月(90日)

安くはない

安くはない

2ヶ月以上WiMAXレンタルの最安値は!FreeMAX+5G(フリーマックス)

FreeMAX+5G

FreeMAX+5G(フリーマックス)は、1ヶ月〜3ヶ月以内のWiMAXレンタルで最安値です。

1ヶ月単位でのレンタルではあるものの、契約した月の料金が日割りのため、月またぎで丸1ヶ月レンタルしても、1日単位でのレンタル業者と費用はあまり変わらない良心的な料金設定となっています。

また、WiMAXレンタル事業者の中ではまだ若い方ですが、事業部としての動きも活発でLINE問い合わせなどスムーズに対応している等の声もあり、安心して利用できる業者であることがわかります。

全WiMAXレンタル業者中のスタンス

2泊3日6泊7日

安くはない

安くはない
2週間(14日)1ヶ月(30日)

安くはない

安い
2ヶ月(60日)3ヶ月(90日)

最安値クラス

最安値クラス

6ヶ月以上WiMAXを使うなら契約がお得

WiMAXの中長期レンタルを検討されているなら、間違いなくお得なキャンペーンを行っているWiMAXプロバイダで契約する方がお得です。

その理由は以下比較でおわかりいただけます。

※2024年4月10日更新

スクロールできます
実質月額実質総額月額料金
(初月)
端末代キャンペーン事務手数料契約期間違約金
6ヶ月最安
BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAX メインビジュアル
3ヶ月:5,935円
6ヶ月:4,469円
3ヶ月:23,739円
6ヶ月:31,285円
1~24ヵ月3,773円
25ヶ月目~4,928円

(初月無料)
27,720円現金18,600円CB
※当サイト経由限定
3,300円縛りなし0円
+
端末残債6ヶ月

18150円
端末残債3ヶ月

19965円
カシモWiMAX
カシモWiMAX 最新18000円キャッシュバック
※キャンペーン利用時
3ヶ月:7,104円
6ヶ月:4,941円
3ヶ月:28,417円
6ヶ月:34,588円
毎月4,818円
(初月:1,408円)
実質無料
(27,720円)
Amazonギフト券
最大23,000円
※当サイト経由限定
※特別CP18,000円
※解約後の端末買取5000円含
3,300円縛りなし0円
+
端末残債6ヶ月

20790円
端末残債3ヶ月

24255円
5G CONNECT
5G CONNECTのMV
3ヶ月:6,716円
6ヶ月:5,983円
3ヶ月:20,150円
6ヶ月:35,900円
毎月5,250円
(初月:1ヶ月分)
無料
※レンタル
なし4,400円縛りなし0円
3ヶ月最安
シンプルWiFi
シンプルWiFi
3ヶ月:~5,940円
6ヶ月:~5,390円
3ヶ月:~17,820円
6ヶ月:~32,340円
4,840円
(初月日割り)
無料
※レンタル
なし3,300円縛りなし0円
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB WiMAX
3ヶ月:11,053円
6ヶ月:7,400
3ヶ月:44,213円
6ヶ月:51,799円
1~12ヶ月目3,784円
13~35ヶ月目4,334円
36ヶ月目~5,104円
(初月:1,089円+770円)
27,720円現金25,000円CB
※49,000円は他社乗換時のみ
※受け取り不可
3,300円縛りなし0円
+
端末残債6ヶ月

18150円
端末残債3ヶ月

19965円
Vision WiMAX
Vision WiMAX特別キャッシュバック
※特別優待キャンペーン
3ヶ月:6,349円
6ヶ月:4,785
3ヶ月:25,398円
6ヶ月:33,494円
1~24ヶ月目3,872円
25ヶ月目~4,532円
(初月:1408円の日割り)
※当サイト経由限定プラン
18,480円
※一括払い時
21,780円
※2回払い時
現金10,000円CB
※当サイト経由限定
+
端末一括払い時
3300円割引
+
端末買取
(2000~4000円)
3,300円縛りなし0円
UQ WiMAX
UQ WiMAX公式サイト
3ヶ月:7,568円
6ヶ月:5,544円
3ヶ月30,272円
6ヶ月:38,808円
※5,940円端末の場合
1~13ヵ月:4,268円
14ヶ月目以降:4,950円

(初月:無料)
27,720円現金17,820円CB3,300円縛りなし0円
FreeMAX+5G
FreeMAX+5G
3ヶ月:5,900円
6ヶ月:5,350円
3ヶ月:17,700円
6ヶ月:32,100円
4,800円
(初月1ヶ月分)
無料
※レンタル
15日間お試し3,300円縛りなし0円
WiMAX+5G専用の3ヶ月・半年の料金比較表
※実質総額は、月額料金(初月含めた3ヶ月分or6ヶ月分)+事務手数料+端末代+解約違約金の合計からキャッシュバック分を差引きした実質負担額です。
※1 実質月額は、実質総額を3ヶ月分と6ヶ月分の月額に計算しなおした実質的な月額です。
※2 キャッシュバックがお得なサイト経由キャンペーンを選択

3ヶ月程度の利用ならシンプルWiFiの方が端末代がかからないので安いです。

しかし、6ヶ月程の利用期間では、端末購入必要だけど縛りなしの、キャッシュバック豊富なBIGLOBE WiMAXの方が最終コストは安いです。

WiMAXレンタルは、いずれの業者も1ヶ月あたりの料金が高くなっているため、中長期で見ると割高になってしまうわけです。

\ 中長期利用は端末購入&縛りなしが安い/

損しないおすすめが見つかります。

WiMAXレンタルのよくある質問(FAQ)

ここからWiMAXレンタルに関するよくある質問をまとめました。

15GB使うとどうなる?

端末側に15GB等の記載がありますが、WiMAX+5Gが利用できる端末をレンタルしていれば、速度制限にかかることはありません。

また3日制限もありません。

15GB等の記載がある理由は、過去WiMAX+5Gに3日15GB制限があった名残りで、端末側で3日制限にかからないか見れるようにしていた機能によるものです。

2022年2月時点で3日制限自体は撤廃されましたが、おそらく端末開発段階はその以前だったことから、まだ名残として残っているのだと思います。

WiMAXは家以外で使える?

家以外でも利用可能です。

ちなみにホームルーターも、コンセント給電が必要ですが、コンセントのあるところでエリア内ならどこでも問題なく利用可能です。

WiMAX以外のホームルーターは、自宅住所以外で使うことはできないので、これも大きな強みです。

WiMAXはどこでレンタルしても同じ?

通信スペックや通信品質はどこでレンタルしても同じです。

ただ、レンタル業者次第で料金や延長時等のシステムは異なります。

Try WiMAXは店頭で手続きできる?

Try WiMAXは店頭受付をしていません。

UQ WiMAXの「Try WiMAX専用ページ」からのみ手続きが可能です。

短期(1ヶ月以内)のWiMAXレンタルならどこがおすすめ?

1週間以内の利用なら、WiFiレンタル屋さんが安いです。

しかし1週間~2週間ほどの利用だと、WiFi東京レンタルショップの方が安いです。

WiMAXレンタル業者の料金比較へ

1ヶ月だけWiMAXレンタルするならどこがおすすめ?

1ヶ月ほどの利用で月跨ぎがない場合はシンプルWiFiが安いです。

しかし、月跨ぎが発生する場合は、WiFi東京レンタルショップの方が安いです。

3ヶ月だけWiMAXレンタルするならどこがおすすめ?

3ヶ月程度の利用であれば、間違いなくシンプルWiFiを推奨します。

仮に月またぎが発生しても、初月日割りなので無駄な費用を払うこともないので、損をする心配なく安くレンタル可能です。

WiMAXホームルーターのレンタルはどこがおすすめ?

WiMAXがレンタルできる業者は、一部を除き基本ホームルーターも扱っているので、利用期間に応じた料金比較を見て決めていただくのを推奨いたします。
※WiFiレンタル屋さんは取り扱いがありません。

WiMAXレンタル業者の料金比較へ

家電量販店でWiMAXレンタルできる?

家電量販店でWiMAXをレンタルすることはできません。

WiMAXレンタルに必要なものは?

基本的にはクレジットカードのみです。

一部、銀行振込等に対応しているレンタル業者(WiFi東京レンタルショップ)の場合は、顔写真付きの身分証明書(免許証等)が必要になります。

WiMAXレンタルのおすすめと選び方|利用期間別に安い業者・5G/4Gの違いがわかる

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次