どこよりもWiFiをプロが徹底評価|契約時の注意点や料金比較で実態がわかる

当ページのリンクには広告が含まれています。
どこよりもWiFiのアイキャッチ

どこよりもWiFiの契約を検討していて、どこよりもWiFiの評判を調べていると、「安くておすすめ」「速度も安定」「100GBでおすすめ」などと書いてある記事をよく見かけます。

実際、どこよりもWiFiは比較的安い料金設定であり、docomo回線が使えるので良さそうに感じるかもしれません。

ただし、満足度に大きく影響がでやすいデメリットがあります。

これは、どこよりもWiFiだけでなく、全てのポケット型WiFiを検討されている人に重要な情報なのでぜひ最後までお読みください。

この記事の監修者
瀬戸根(セト・せっちゃん)

瀬戸根 弘宜
ネット回線アドバイザー

神戸新聞社が認めるネット回線アドバイザーであり株式会社LIFEFiTの代表取締役。利用ユーザーのことを第一に考えた、本来あるべきインターネット回線の選び方を提唱。Yahoo知恵袋専門家でもある。
監修者プロフィール(マイベストプロ)

ネット回線アドバイザーだからこそわかる本当に大切な情報をシッカリとお伝えしていきます。

どこよりもWiFiはこんな人におすすめ!
  • 通信速度を求めすぎない人
  • 街中のみで利用する人(田舎の利用には不向き)
  • クラウドSIMより安いポケット型WiFiを求めている人
  • ドコモ回線のポケット型WiFiレンタルをしたい人(1ヶ月以上利用を推奨)

どこよりもWiFiの注意点・デメリットを先にみる

この記事の目次

どこよりもWiFiの基礎情報(料金・スペック)

どこよりもWiFi

どこよりもWiFiは、東京都豊島区に本社を置く株式会社Wiz(ワイズ)が提供するモバイルWiFiです。

ワイズはIT事業をメインに、通信回線の代理店事業・メディア事業などを行っている従業員1000人以上の大企業です。

そんなワイズは、あらゆる通信回線で比較的安いキャンペーンを提供する代理店として知名度もそこそこあり、クラウドSIMの登場とともにどこよりもWiFiをいち早く作った会社でもあります。

現在のどこよりもWiFiは、クラウドSIMではないものの一般ユーザーに魅力的なプランで知名度も上がってきています。

どこよりもWiFiの料金プラン

どこよりもWiFiのプラン

どこよりもWiFiの料金プランは1種類のみとなっています。

詳細
通信回線ドコモ回線
(MVNO)
月額料金1~36ヶ月:3,058円
37ヶ月~:2,508円
データ容量100GB
※1日4GB制限
端末代金19,800円
(550円×36回)
最大通信速度下り150Mbps
上り50Mbps
事務手数料3,300円
契約期間2年間
解約時費用・端末残債
550円×(36-利用月数)

・違約金
1~24ヶ月目:2,508円
25ヶ月目:0円
※以降24ヶ月毎自動更新

どこよりもWiFiのプランは本来1日4GBまでのプランですが、月100GB程度利用できると言ったニュアンスを持った月100GBプランとして売り出しています。

どこよりもWiFiの取り扱い機種

名称JT101
製造メーカーノンブランド
通信速度下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
バッテリー持ち約8時間
サイズ約92x58x13mm
重量約90g
WiFi規格IEEE802.11b/g/n
※2.4GHzのみ
同時接続台数最大10台
対応BAND4GLTE:1/3/5/7/8/41
3G:1/8

機種スペック自体は、クラウドSIMの標準機種であるU3やU2sも、最大下り150Mbpsなのでほとんど変わりません。

ただWiMAXの機種と比較すると、WiMAXは最大下り速度は2700Mbpsに対してどこよりもWiFiは150Mbpsなので、18分の1となっています。

また、このJT101という機種で利用できるドコモ回線はスマホと同様ではなく、プラチナバンドという電波の悪い場所で使える電波は利用できないため、基本的には街中のみでの利用を想定されたサービスとなっています。

どこよりもWiFiの対応可能エリア

どこよりもWiFiの対応エリア

どこよりもWiFiはドコモ回線が利用できますが、端末の対応BANDからして、ドコモ回線でもBAND3(1.7~1.8GHz)とBand1(2.0~2.1GHz)の回線エリアにしか対応していません。

よって、LTEエリアでもオレンジ色で分類されているLTEエリア(最大下り37.5~225Mbps)のみとなっています。

※赤色の「LTEエリア(PREMIUM4G)」(最大下り250Mbps~1.7Gbps)は、LTEエリア(最大下り37.5~225Mbps)も対応しているのでエリア内ですが、対応速度はLTEエリアと同じです。

docomo対応BAND回線の特徴JT101で使える回線
BAND1
(2.0~2.1GHz)
ドコモの主要回線
BAND3
(1.7~1.8GHz)
東京・名古屋・大阪メインの回線
BAND19
(800MHz)
田舎・山間部で強い回線
プラチナバンド
×
BAND21
(1.5GHz)
ドコモの補助回線×
BAND28
(700MHz)
一部の田舎・山間部で使われる回線
プラチナバンド
×
BAND42
(3.5GHz)
PREMIUM 4Gと言われる回線×

わかりやすい対応回線の広域エリアマップを用意しました。

どこよりもWiFiの問題なさそうなエリア

都市部は、BAND1/3のLTEエリアがかなり広範囲に渡ってエリア内となっています。

対応エリアでも圏外になることがある

普段気づきませんが、BAND1/3は回線周波数の影響で、建物の裏手側・室内の奥側まで電波が飛びづらい場所があります。

スマホだと、気づかないうちにプラチナバンド(BAND19/28)がカバーしてくれていますが、どこよりもWiFiだとカバー出来ないので圏外になります。

どこよりもWiFiは、格安SIM等のドコモ回線と同じエリアではないので注意が必要です。

クラウドSIMやSoftBankSIM系よりエリアは狭く、WiMAXより少しエリアが広い程度だとお考えいただくのが良いかと思います。

どこよりもWiFiのオプションは2つ

どこよりもWiFiのオプションは2つあります。

  • 機器補償サービス
  • Wizお困りサポート

それぞれのオプションについて解説します。

機器補償サービス

機器補償サービスは、どのポケット型WiFiにもある端末故障時などに交換や修理等の補償をしてくれるオプションです。

月額料金440円
補償内容端末自然故障や水濡れによる故障時に、新品・状態の良い中古に交換してくれる。
修理対応の場合は代替機を貸してくれる。
補償対象外・盗難、紛失、経年劣化の場合
・補償利用から6ヶ月以内の再利用
・経年劣化のバッテリー交換
加入方法申込時のみ
補償外にかかる費用弁済金19,800円
機器補償サービスの詳細

ポケット型WiFiの端末はスマホ同様に落としたり、水没させる人がちょくいるので、必要であれば入るようにしましょう。

Wizお困りサポート

Wizお困りサポートは、ネットやWiFiなどの設定や、どこよりもWiFiでWiFi接続できるデバイスのお困りごとをサポートしてくれるオプションサービスです。

月額料金495円
内容ネットの使い方やデバイスの使い方
WiFi設定等の電話サポート
加入方法申込時のみ

最近は、わからないことはスマホなどで検索すれば大抵の困りごとは解消できるので、基本的には不要なオプションと言えます。

ここまでが、どこよりもWiFiの基本情報となります。ここからはまずデメリットからお伝えし、メリットなどへ進めます。

契約前に知ろう!どこよりもWiFiの注意点・デメリット8つ

デメリット
デメリット
  • 田舎や山間部・室内だと圏外になるかも(クラウドSIMより電波は悪い)
  • 短期間で解約すると割高!端末残債が厚ため
  • 1日4GBを超えると、翌日まで厳しい速度制限(256Kbps)にかかる
  • 端末の通信量カウンターは毎月自分でリセットが必要
  • 想像より通信速度が遅い可能性がある
  • 支払い方法はクレジットカードのみ
  • 当月解約は25日までに申請が必要
  • 電話問合せ窓口がない

実際にどこよりもWiFiを契約する前にしっておくべきデメリットはこれだけあります。

このデメリット全てを知った上で問題ない方のみお申し込みください。

田舎や山間部・室内だと圏外になるかも

少し前の「どこよりもWiFiの対応エリア」でお伝えした通り、どこよりもWiFiのJT101はドコモのプラチナバンドに対応していません。

どこよりもWiFiの対応エリア

その結果、画像のように「プラチナバンドしか電波が入りづらい山間部・地下・室内の奥側」などで圏外になるリスクがあります。

Mugen WiFiやAiR-WiFiといったクラウドSIMはプラチナバンドが使えるので、上記画像の紫色の場所でも使える可能性が高いです。

瀬戸根

ドコモ回線だから強い!というわけではないのです。
ドコモスマホの電波が強いのは、ドコモがサービスを作っているからで、他の会社がドコモ回線を使ってもいいサービスになるとは限らないので盲目的になるのは危険です!

短期間で解約すると割高!端末残債と違約金があるため

どこよりもWiFiには契約期間の縛りはなく、月額料金はかなり安いですが、端末買い切りなので36ヶ月間550円の端末代がかかっています。

そのため、36ヶ月以内での解約時には端末残債が請求されるので、1年程度で解約する場合は最終的な支払額では割高になってしまいます。

人気クラウドSIMと比較

スクロールできます
どこよりもWiFiクラウドWiFi
(クラウドSIM)
AiR-WiFi
(クラウドSIM)
データ容量100GB
※1日4GB
100GB100GB
月額料金2,508円3,718円3,278円
端末代36ヶ月:550円
37ヶ月~:0円
※合計19,800円
無料レンタル無料レンタル
回線ドコモ
(MVNO)
マルチキャリアLTE
(クラウドSIM)
マルチキャリアLTE
(クラウドSIM)
契約期間縛りなし縛りなし1年間
事務手数料3,300円3,300円3,300円
解約時費用端末残債

1~24ヶ月目:2,508円
25ヶ月目:0円
※以降24ヶ月毎自動更新
なし1~12ヶ月目:2,970円
13ヶ月目:0円
※以降12ヶ月毎自動更新
6ヶ月で解約時
総額

※端末残債や違約金含む
40,656円25,608円25,938円
1年で解約時
総額
※端末残債や違約金含む
55,704円47,916円45,606円
2年で解約時
総額
※端末残債や違約金含む
85,800円92,532円84,942円

結局のところ、どこよりもWiFiは端末残債により、2年以内での解約が想定される場合、クラウドSIMよりも割高になってしまいます。

1日4GBを超えると、翌日まで厳しい速度制限(256Kbps)にかかる

どこよりもWiFiは月100GB使えますが、厳密には1日4GBプランなので、1日4GB以上利用すると256Kbpsに速度低下します。

256KbpsはWEBサイトの閲覧はおろか、TwitterやInstagramの閲覧さえ難しい速度です。

瀬戸根

1日4GBの目安は、標準画質の動画で5~6時間程、高画質で1~1.5時間です。
※高画質=TVで綺麗に見える画質

端末の通信量カウンターは毎月自分でリセットが必要

JT101は通信量カウンターがついていますが、他のポケット型WiFi端末のように毎月自動的にカウント数がリセットされません。

そのため、自分でJT101を操作して通信量カウンターをリセットする必要があります。

通信量カウンターのセット方法
  1. 端末裏側のカバーを取る
  2. ピン等の細いものでリセットボタンを5秒以上押す

毎月使うデータ容量を管理しながら使いたい人は、毎月リセットする手間がかかるのを忘れないでください。

想像より通信速度が遅い可能性がある

基本的に通信速度で参考になるのは「みんなのネット回線速度」などの、日本全国の利用者が計測した実際の通信速度の平均しかありません。

ただ、どこよりもWiFiは2021年4月頃までクラウドSIMだったこともあり、ドコモ回線になってからユーザーの速度データとクラウドSIMユーザーの速度データが混じっているので参考にできません。

そこでどこよりもWiFiと、「純粋なクラウドSIMのAiR-WiFi」と「純粋なドコモSIMのエキサイトモバイルWi-Fi」のデータを比べて見ました。

モバイルWiFi平均速度データ
どこよりもWiFi
(ドコモ回線)
どこよりもWiFiの平均速度
AiR-WiFi
(クラウドSIM)
AiR-WiFiの平均速度
Chat WiFi
(ドコモ回線)
Chat WiFiの平均速度
通信速度データは「みんなのネット回線速度」を参照
※2023年9月14日取得

結果から言えば、どこよりもWiFiよりクラウドSIMのAiR-WiFiのほうが速いです。

だからこそ、通信速度が思ったより出ない可能性があります。

瀬戸根

速度が出る確証がないので少し不安です。

お試し期間がない

クラウドSIMのAiR-WiFiは30日お試しがありますが、どこよりもWiFiにお試し期間はありません。

ただ初期契約解除制度でのキャンセルはできるので、一応7日以内のキャンセルはできます。

瀬戸根

AiR-WiFiの30日お試し期間と比べて短いので、かなり目劣りしてしまいます。

支払い方法はクレジットカードのみ

どこよりもWiFiの支払方法はクレジットカード払いのみです。

口座振替やコンビニ払いなどには対応していないのでご注意ください。

口座振替はない!

どこよりもWiFiは口座振替ができると間違いを伝えているサイトがあります。

どこよりもWiFiのよくある質問

どこよりもWiFiはクレジットカード払い以外に対応していないと、公式サイトのよくある質問にも記載されています。

当月解約は25日までに申請が必要

今月中に解約したい!と思った場合25日までに解約申請をする必要があります。

26日以降に解約すると翌月末解約扱いになります。

端末返却も月末までに

解約後の端末返却は、当月末中に到着させる必要があります。

末日発送(消印無効)だと翌月分も請求されるので気を付けてください。

電話問合せ窓口がない

どこよりもWiFiは電話問合せなどの窓口を設置していません。

基本的にお問合せは問い合わせフォームからとなります。

問い合わせフォームはこちら

どこよりもWiFiのメリットは3つ

メリット

どこよりもWiFiのメリットは以下の3つです。

メリット
  • 毎月の支払額自体は安い
  • 申込時のみ有人チャットで問合せができる
  • クラウドSIMより電源を入れた後の待機時間が短い

毎月の支払額自体は安い

どこよりもWiFiの月額料金は、36ヶ月間は端末代も合わせて毎月3,058円となっており、100GB使えるポケット型WiFiでは最安値級です。

また、37ヶ月目以降は端末代550円がなくなるので、更に安い2,508円となります。

申込時のみ有人チャットで問合せができる

どこよりもWiFiのキャンペーンサイトには有人チャットがあり、申込前の少し不安な時の相談に利用することができます。

レスポンス自体は遅くもなく早くもなくで、その時の混雑状況によるので、待つときはありますが、すぐ返信がある時もあります。

気になる時は試してみてください。

クラウドSIMより電源を入れた後の待機時間が短い

どこよりもWiFiはクラウドSIMと比べると、端末に電源を入れたからネットに繋がるまでの待ち時間は短いです。

クラウドSIMが電源いれてからWi-Fiに繋がるまで時間が掛かる理由は、一度電源を入れてからクラウドサーバーにどの回線に接続するか判断する時間があるからです。

どこよりもWiFiは、ドコモ回線用の物理SIMを挿すので、回線を探す必要が無い分、ネットに繋がるまでの待ち時間が少なくて済みます。

支払額はたしかに安い

どこよりもWiFiの口コミ・評判

どこよりもWiFi評判・口コミ

ドコモ回線になってからの口コミはまだありません。

ただ以前からの口コミを掲載しました。

通信に関する口コミ

料金に関する口コミ

料金に関する最新の口コミはありませんでした。

その他の口コミ

他探していますが、ブログへの誘導などばかりで全く見つかりませんでした。

どこよりもWiFiはホントに安い?料金比較で安いか検証

どこよりもWiFiは本当に安いのか?を実際に調査するため、ライバルとなるポケット型WiFiのクラウドSIMと一緒に、2年間利用した想定で比較しました。

結論から言うと、安くはなかったです。

※2024年4月2日の最新データ

スクロールできます
実質月額実質総額キャンペーン契約期間月額初月費用端末代初期費用
(事務手数料)
解約金
(違約金)
お試し期間
AiR-WiFi
airwifi-mv
2年:3,382円
1年:3,520円
2年:81,180円
1年:42,240円
※2年は24ヶ月で算出
なし1年間
※更新月12ヶ月目
3,245円1ヶ月分無料3,300円1~11ヵ月:2,200円
以降更新月以外:2,200円
※更新月:12/24ヶ月目
30日
Mugen WiFi
mugenwifi
2年:3,300円
1年:3,300円
2年:79,200円
1年:39,600円
※2年は24ヶ月で算出
6ヶ月利用で事務手数料分クーポン
12ヶ目違約金無料

※MUGENWiFiプレミアムクラブ加入時
2年間
※更新月24ヶ月目
3,300円1ヶ月分無料3,300円
※6ヶ月利用で
同額クーポン発行
1~12ヵ月:3,300円
13ヶ月目以降0円

※キャンペーンにより
30日
THE WiFi
THE WiFi
2年:3,047円~
1年:3,418円
2年:76,172円~
1年:41,016円
※2年は25ヶ月で算出
2ヶ月後19,000PT還元
※月額支払いに利用可能
※SAISON DEGITAL CARD加入で
更に5000PT付与
2年間
※更新月25ヶ月目
3,828円日割り無料3,300円24ヵ月未満:10,780円
25ヶ月目以降0円

※端末レンタル解約金
30日
MONSTER MOBILE
MONSTER MOBILE
2年:3,080円
1年:3,469円
2年:77,000円
1年:41,624円
※2年は25ヶ月で算出
なし2年間
※更新月25ヶ月目
2,948円1ヶ月分無料3,300円1~24ヵ月:2,948円
25ヵ月以降:0円
14日
クラウドWiFi
クラウドWiFi
2年:3,855円
1年:3,993円
2年:92,532円
1年:47,916円
※2年は24ヶ月で算出
なし縛りなし3,718円1ヶ月分無料3,300円なしなし
Mugen WiFi
mugenwifi
2年:3,300円
1年:3,300円
2年:79,200円
1年:39,600円
※2年は24ヶ月で算出
6ヶ月利用で事務手数料無料
12ヶ月利用で違約金無料

等々
2年間
※更新月25ヶ月目
3,300円
※6ヶ月利用で無料
1ヶ月分無料3,300円1~12ヵ月:3,300円
13ヶ月目以降0円
30日
それがだいじWiFi
それがだいじWiFi
2年:3,399円
1年:3,814円
2年:84,975円
1年:45,771円
※2年は25ヶ月で算出
なし2年間
※更新月25ヶ月目
3,267円1ヶ月分無料3,300円1~24ヵ月:3,267円
25ヶ月目以降0円
30日
限界突破WiFi
限界突破WiFi
2年:4,675円
1年:5,500円
2年:112,200円
1年:66,000円
※2年は24ヶ月で算出
なし縛りなし
※端末は24分割
3,850円日割り19,800円無料なしなし
hi-ho Lets WiFi
hi-ho Let's Wi-Fiのメインビジュアル
(1日4GB)
2年:3,409円
1年:3,841円
2年:85,228円
1年:46,094円
初月分最大含む
※2年は25ヶ月で算出
事務手数料無料

24ヵ月550円割引
2年間
更新月26ヶ月目
3,278円
※25ヵ月目~3828円
日割り無料無料更新月以外:3,480円
※更新月:24~26ヶ月目
30日
ZEUS WiFi
ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)
2年:3,300円
1年:3,663円
2年:82,500円
1年:43,956円
初月分最大含む
※2年は25ヶ月で算出
月額割引2年間
更新月26ヶ月目
3,828円
※1~3ヵ月1,980円
※4~24ヵ月3,212円
日割り無料3,300円1~24ヵ月:3,828円
以降更新月以外:3,828円
※更新月:25ヶ月目
なし
どこよりもWiFi
どこよりもWiFi
(docomo SIM)
2年:3,432円
1年:4,642円
2年:85,800円
1年:55,704円
※2年は25ヶ月で算出
なし2年間
更新月25ヶ月目
2,508円日割り550円×36回
(計19,800円)
3,300円1~24ヵ月:2,508円
以降更新月以外:2,508円
※更新月:25ヶ月目
なし
※2年間の料金は更新月に応じて24~25ヶ月目解約で計算しております。
※料金はすべて税込みで計算しております。
※初月日割りのクラウドSIMは契約月を0ヵ月とみなしているため、初月費用も最大分加算して算出しています。
※1 実質月額は1年総額・2年総額からキャッシュバックやキャンペーン分を差し引きして、1ヶ月あたりの相当額を算出しています。

比較の結果を見ても分かる通り、どこよりもWiFiはそこまで安くはないです。

どこよりもWiFiの端末は購入が必要ですが、他のクラウドSIMは一般的にレンタルなので、クラウドSIMの方が2年未満だと安くなっています。

結果的に、ドコモ回線なのかクラウドSIMなのか?といった違いから、Chat WiFiを選んだほうがエリア的に・通信速度的に安心して利用できるでしょう。

どこよりもWiFiの料金評価
  • 特に安くはない
  • 結局3年縛りみたいなもの
ん〜

支払額は安いが、結局割高

安さを求めるならこっち

口コミ・比較からわかる!どこよりもWiFiの総合評価

どこよりもWiFi

どこよりもWiFiは実際のとこ契約しても大丈夫?お得に使えるの?といった総合的な評価は下記の通りです。

料金
安い
高い
通信速度
遅い
速い
エリア
狭い
広い
口コミ
悪い
良い
使いやすさ
悪い
良い

結局、一言でいえば魅力的に見えるポケット型WiFiなのは間違いありませんが、通信回線エリアや通信速度、料金や口コミなどを総合的に判断するとおすすめ!とは言い難いのが現状です。

どうしても料金は他社に負けますし、エリアもクラウドSIMより狭く、過去のドコモSIMを利用したポケット型WiFiの例からしても速度的安心感はないに等しいです。

結果、遅いという口コミも多くなってしまっているわけです。

ただ誰にでもおすすめできないわけではなく、おすすめできる人・おすすめできない人がいつのも確かなので、次で詳細にお伝えします。

どこよりもWiFiをおすすすめできない人

おすすめできない人
  • 通信速度が速い方が良いと思っている人
  • 毎月ある程度使うデータ容量が決まっている人
  • 田舎・山間部で使う人

この3つのうち、どれか一つでも該当するか方にはおすすめできません。

やはりドコモSIMかつJT101の弊害からか、速度が出る確証がなくプラチナバンドを使えないので、どうしても田舎や郊外・山間部当での電波はクラウドSIMに劣ります。

また、実際の通信速度も、クラウドSIMプランの料金を含めた状態でも、他のクラウドWi-Fiより速度は遅く、直近の速度の口コミをみても遅い声が多いのがかなり目立ちます。

安心して利用できる確証がまずありません。

またある程度使うデータ容量が決まっているのであれば、速度や料金面などあらゆるポイントで見ても確実に100GBなどの固定プランにしておいた方が最終的にコスパが高いでしょう。

どこよりもWiFiをおすすめできる人

おすすめできる人
  • 通信速度を気にしない人
  • 田舎・山間部で利用しない人

どこよりもWiFiをおすすめできるのは、上記3つの全てに当てはまる人です。

使ったり使わなかったりと毎月使うデータ容量にバラツキがあるなら、1ヵ月の固定プランを利用するよりお金を無駄にせずに済みます。

ただお伝えしたように通信速度に不安な点があるので、使うときに遅いとストレスに感じる人は避けて安定した速度の出るものにしたほうが良いでしょう。

また、ドコモ回線ではあるものの、使える回線周波数にプラチナバンドが含まれていないのでクラウドSIMほどのエリアの広さはありません。

だからこそ、田舎・山間部・地下などの電波の弱くなりやすい場所で使わない方におすすめできます。

どこよりもWiFiの契約の流れ|申込み〜利用するまでの手順

どこよりもWiFiを申込みしてから実際に契約開始となり、利用するまでの手順をお伝えします。

STEP
公式サイトから申し込む

まず、どこよりもWiFiの公式サイトへいき、申込みボタン「今すぐお得に始める」や「最短1分!カンタン申し込み」をクリックして申込みましょう。

申込時の不安なことは、チャットで聞いてから申し込みしてくださいね!

また、端末の受け取り日時も指定できるので、受け取りやすい日時を設定しましょう。

公式サイト:https://wifi.dokoyorimo.com/

STEP
3~4日後に端末到着する(利用開始)

申込み日の翌日以降に発送されるので、3~4日後に端末が到着します。

端末到着後にはまず電源をいれて、WiFi設定をして繋がるかの確認をしてください。
端末の初期不良などがあればすぐに問合せしましょう。

端末には少し予備バッテリーがありますが、野外で使うなら充電してくださいね。

STEP
到着から7日以内に使い勝手を判断

端末到着時から7日以内であれば、満足できそうになければ無料キャンセルできます。少しでも遅いと思ったり、使い勝手が悪いと思ったら、遠慮なくキャンセルして違うポケット型WiFiを申し込みましょう。

田舎や山間部で使う可能性がある方は、7日以内に想定される場所へ行き、使い勝手を試してくださいね!

※キャンセル無料は2年契約時のみです。

STEP
解約まで使い続ける

使い勝手に問題なければ、解約まで使い続けましょう!

どこよりもWiFiのよくある質問

どこよりもWiFiのよくある質問をまとめました。

どこよりもWiFiが遅い!何か対策はないの?

どこよりもWiFiが遅いと感じたとき、以下を試してみてください。

瀬戸根

これで解決しない場合、単純にどこよりもWiFiが遅いです。

  • モバイルルーターの再起動
  • WiFi接続端末の再起動
  • モバイルルーターの場所を移動させる
  • 通信障害が出ていないか公式サイトを確認
  • 簡易パラボラアンテナを作る

リンク:簡易パラボラアンテナの作り方

どこよりもWiFiを解約したい!どうするの?

どこよりもWiFiの解約は「解約申請フォーム」に必要事項を入力して、手続きを行ってください。

解約申請後に端末返却先住所をメールで送ってくるので、指定期日までに返却しましょう。

端末返却は指定期日までに必ずしよう

【2年縛り】:解約月の月末までに到着させる

【縛りなし】:解約月の翌月5日までに到着させる

指定期日までに返却しないと翌月分の月額料金が請求され、更に返却が遅れると19,800円の弁済金も発生します。

どこよりもWiFiの問合せ先はどこ?

どこよりもWiFiに問合せしたい時は、よくある質問をみて解決しなければ問い合わせしてみてください。

瀬戸根

よくある質問の数が少ないので、面倒ならそのまま問合せしてもいいかもしれません。

よくある質問はこちら
問合せフォームはこちら

どこよりもWiFiの7日以内のキャンセルはどうするの?

7日以内のキャンセル全額返金を利用する場合、「解約申請フォーム」から行います。

フォームに必要事項を入力し、解約理由に「初期契約解除」を選択して、備考に「7日以内の無料キャンセルを希望する」と記入しておきましょう。

瀬戸根

念の為、間違った案内や手続きをされないように入れておくと安心です。

無料キャンセルの注意
  • 端末到着日より7日以内に申請が必要
  • 10GB以上データ容量を使っていると対象外

※対象外の意味が、初期契約解除制度は対象となるのか、通常解約扱いとなり違約金が発生するのか不明確なので、不安な方はお問い合わせいただくことをおすすめいたします。

どこよりもWiFiは口座振替できないの?

どこよりもWiFiの支払い方法はクレジットカード払いのみです。

口座振替やプリペイドカード・デビットカードでの支払いには対応していません。

どこよりもWiFiの端末が届かない

発送までに時間がかかっている可能性があります。

端末は最短翌日発送ですが、翌々日の発送になる可能性もあります。

おおよそ発送されてから本島・四国・九州で1日〜2日はかかる想定をしておき、沖縄・離島は3日ほどかかります。

どこよりもWiFiの情報まとめ

どこよりもWiFiのここでお伝えしたことをまとめましょう!

どこよりもWiFiのまとめ
  • ドコモ回線だけどエリアはスマホより狭い
  • 速度に不安がある
  • 端末JT101は通信データ量を自分でリセットしないといけない
  • お試し期間が7日と短い
  • 解約時は末日に到着するように送らないと翌月分もかかる
  • 端末代金が19,800円と高い

クラウドSIMではなくなったどこよりもWiFiは、ドコモ回線を使っているので魅力的に感じますが、利用できる回線周波数の実態や、通信速度面の不安定さから結局のところおすすめできない人のほうが多いです。

後悔をしない選択をするのであれば、ぜひクラウドSIMかWiMAXのご利用をお勧めいたします。

エリアの広さと安定感ならクラウドSIM、通信速度ならWiMAXをご検討ください。

どこよりもWiFiのアイキャッチ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次