ギガセットWiFiの評判・口コミは?比較でわかるコスパと弱点

当ページのリンクには広告が含まれています。

契約不要プリペイド式ポケット型WiFiとして、徐々に知名度を帯びてきた「ギガセットWiFi」の評判や口コミ、実際にの評価などが気になっているのでは無いでしょうか?

端末買い切り型のプリペイドWiFi自体、2022年11月にとあるYoutuberがリチャージWiFiを、車や田舎などで使いやすいおすすめのポケット型WiFiとして紹介したことから、人気が出つつあります。

ギガセットWiFiは、そんなプリペイドWiFiの中でも、料金の安さを誇っており、今最もおすすめできるプリペイドWiFiです。

しかし、ギガセットWiFiはプリペイドWiFiという商品上、”明らかにコスパが悪い使い方がたくさんある”が”お得に利用できる人もいる確実にいる”のも確かです。

だからこそ、ギガセットWiFiがお得に利用できる人や、おすすめできない人を含め、少しでもお金を無駄にしないために、ギガセットWiFiの弱点から利点までまとめました。

ギガセットWiFiの簡単評価まとめ

  • 通信速度の安定感はない(クラウドSIMだから)
  • 月20GB以上使うならかなり割高
  • プリペイドWiFiの中で最安値
  • 契約不要だから手間はかからない
  • プラチナバンドLTEが使えるからエリアは広い
  • WiMAXより速度は遅い

ギガセットWiFiの評価を簡単にまとめるとこのような感じです。

そして、おすすめできる人とおすすめできない人は以下の通りです。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • とにかく契約関係が苦手で月あたり5~10GB程度しか使わない人
  • 安くなくても問題ない人
  • 通信速度を気にしていない人
  • クラウドSIMやSIMフリー機種の知識がある人
  • プリペイドWiFiで最安値が欲しい人
  • コンスタントに通信データ容量を使う人
  • スマホのテザリングでデータ容量が足りない人
  • お得にポケット型WiFiを長期間使いたい人
  • 通信速度や安定性を求めている人
  • 5G通信ができないと嫌な方

ギガセットWiFiの購入はこちら

\ 買い切り型プリペイドWiFiで最高コスパ /

ギガセットWiFiを含む買い切り型のプリペイドWiFi全体の比較をご覧になりたい方は、「プリペイド式WiFiのおすすめは1つ!比較でわかる速度や料金の違い」をご覧ください。

この記事の監修者
瀬戸根(セト・せっちゃん)

瀬戸根 弘宜(セト)
ネット回線アドバイザー,WiMAXマスター

神戸新聞社が認めるネット回線アドバイザーであり株式会社LIFEFiTの代表取締役。利用ユーザーのことを第一に考えた、本来あるべきインターネット回線の選び方を提唱。
監修者プロフィール(マイベストプロ)

この記事の目次

ギガセットWiFiとは?料金やプラン詳細

ギガセットWi-Fi

ギガセットWiFiiは、株式会社Lieferantから販売されている買い切り型のプリペイド式モバイルルーター。

ちなみに、ギガセットWiFiはクラウドSIM(クラウドWiFi)がベースとなっています。

毎月月額料金が発生する契約型ポケット型WiFiが主流だったところに、契約不要で「365日の期限付きデータ容量」と「端末」を購入すれば使えるモバイルルーターとして登場し、急激にシェアを伸ばしているのが、このリチャージWi-Fiとなります。

リチャージWiFiの商品情報

スクロールできます
ギガセットWiFi100GBギガセットWiFi50GBギガセットWiFi30GBギガセットWiFi10GB
料金24,980円23,980円22,980円20,480円
データ容量100GB
(好きな分を追加可)
50GB
(好きな分を追加可)
30GB
(好きな分を追加可)
10GB
(好きな分を追加可)
ギガ有効期限365日365日365日365日
開通手続き不要不要不要不要
端末MR1MR1MR1MR1
契約不要(買い切り)不要(買い切り)不要(買い切り)不要(買い切り)
事務手数料なしなしなしなし
利用可能場所国内全域
海外※1
国内全域
海外※1
国内全域
海外※1
国内全域
海外※1
購入可能箇所公式サイト
Amazon
楽天市場
Yahooショップ
公式サイト
Amazon
楽天市場
Yahooショップ
公式サイト
Amazon
楽天市場
Yahooショップ
公式サイト
Amazon
楽天市場
Yahooショップ
※1 海外での利用は、渡航前に利用する国ごとに対応した追加チャージ(1GB:1680円~)が必要です。

\ 買い切り型プリペイドWiFiで最高コスパ /

開通手続きとは?

開通手続きというのは、インターネット接続をできるようにする手続きのこと。

ギガセットWiFiのような買い切り型商品の場合では、端末情報(IMEI番号)を登録して、データ通信ができるようにする手続きのことを指しています。

ギガセットWiFiは開通手続き不要なので、端末が届いたタイミングから24時間いつでも即時にインターネット接続ができるようになる製品です。

ギガセットWiFiの追加ギガチャージの料金

ギガセットWiFi 追加チャージ

リチャージWiFi購入時についている100GB・5GBが無くなっても、追加でデータチャージするだけでインターネットが利用できます。

追加チャージできるデータ容量と料金

データ容量金額有効期限
100GB6,480円端末にチャージされた後
365日
50GB4,980円端末にチャージされた後
365日
30GB3,980円端末にチャージされた後
365日
10GB1,980円端末にチャージされた後
365日

追加購入(チャージ)したデータ容量が端末にチャージされるタイミング

追加購入したデータ容量は、端末に残っているデータ容量(ギガ)が無くなったタイミングで端末にオートチャージされます。

ただ購入した時点で、現在の残データ容量に即時チャージされる仕組みではありません。

チャージタイミングに注意

追加購入したデータ容量は、リチャージWiFiの営業日かつ18時以内でないとチャージされません。

万が一、金曜日の18時以降に端末内の残データ容量がなくなった場合は、追加されるタイミングは翌営業日(土日祝休み)の来週月曜日となります。

ギガセットWiFi端末「MR1」のスペック

MR1
MR1
項目スペック詳細
名称MR1
製造元MAYA SYSTEM
通信速度下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
ディスプレイサイズ2.4インチ
サイズ126×68×12mm
利用可能回線
(国内)
各社LTE回線
メインはdocomo/softbank/au
※一部楽天モバイルやMVNOが入ることも
対応バンド■LTE FDD
1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/66
■LTE TDD
34/38/39/40/41
■WCDMA
1/2/4/5/8/19
■GSM
850/900/1800/1900
Wi-Fi規格IEEE802.11b/g/n
2.4GHzのみ
USB規格Type-C
利用マニュアルこちら

MR1というのはクラウドSIM技術を活用したポケット型WiFiでよく利用されている端末で、少し知られているサービスでは「限界突破WiFi」や「THE WiFi(名称が少し違う)」でも利用されています。

クラウドSIM全体でのMR1の端末シェア率はまだまだ低いですが、液晶付きで使用データ容量の確認がしやすい等の理由から、今主流のU2sやU3などより使いやすい機種でもあります。

ちなみにスペック自体は、WiMAXや他ポケット型WiFiと比べると遅いですが、Youtubeを見る程度であれば問題ない速度は出ます。

ギガセットWiFiのトリプルキャリア対応とは?対応エリアと回線について

リチャージWiFiのいうトリプルキャリア対応(au/docomo/softbank)というのは、自分でどのキャリア回線を使うか選べるものではありません。

クラウドSIMという技術を使用し、端末の電源を入れた時にクラウドSIMサーバーに接続され、クラウドSIMサーバーが格納されている各キャリアのSIM情報から、自動的にどの回線を使うかを選択しているので、softbank LTEだったり、au LTEだったりと利用できる回線が日々変わります。

クラウドsimの仕組み

ほとんどがSoftBankLTE回線に繋がります。
ドコモやauは珍しいかもしれません。

ギガセットWiFiの良い口コミ

ギガセットWiFiの良い口コミは、主に使い勝手の良さでした。

安定して使えている

意外と使い勝手が良い

快適になった!車でもどこでも使える(Youtuber)

瀬戸根

良い口コミはこれだけしか見受けられませんでした。
まだ認知されきっていないので、非常に少ないです。

ギガセットWiFiの悪い口コミ

ギガセットWiFiの悪い口コミは、リチャージWiFiの偽物(勘違い)と認識されていたものぐらいです。

リチャージWiFiの偽物として買ってしまった(勘違い)

瀬戸根

リチャージWiFiの偽物ではなく、あくまでもギガセットWiFiが横に並んで居ただけですね。

ただ、端末が同じなので、リチャージWiFiを購入したい人からすると勘違いしてしまうかもしれませんね。

Youtuberが、リチャージWiFiとネオチャージWiFiしか取り上げなかった(アフィリエイトのために)ことが、このような勘違いが増えた要因なのは間違いありません。

ギガセットWiFiの100GBはどの程度使える?

ギガセットWiFiの100GBのデータ容量は、どの程度使えば無くなるのか、よく利用されているサービスごとに時間を算出してみました。

スクロールできます
サービス月100GB目安データ使用量
Youtube
(自動選択=480~720p)
1ヶ月あたり
約182時間
222時間〜142時間
(自動選択設定時)
1日あたり
約6時間
7.4時間〜4.7時間
(自動選択設定時)
360p:約200MB/1h
480p:約450MB/1h
720p:約700MB/1h
1080p:約1.3GB/1h
hulu
(中画質(推奨モード))
1ヶ月あたり
約170時間
1日あたり
約5時間
約590MB/1h
NETFLIX
(スタンダード:高画質(HD))
1ヶ月あたり
約83時間
1日あたり
約2時間
約1.2GB/1h
(動画により変わる)
Amazon Prime Video
(スタンダード:高画質(HD))
1ヶ月あたり
約142時間
1日あたり
約4時間
約700MB/1h
(動画により変わる)
Amazon Music
(自動音質)
1ヶ月あたり
約1500時間
1日あたり
約50時間
約66MB/1h
(高音質は258MB/1h)
radiko(ラジコ)
(自動音質)
1ヶ月あたり
約3000時間
1日あたり
約100時間
約40MB/1h
Youtube Music
(自動音質)
1ヶ月あたり
757時間
1日あたり
約25時間
約132MB/1h
※1曲5分高音質の場合
ネット閲覧
(Yahoo!トップページ)
1ヶ月あたり
6,250時間
1日あたり
約208時間
約16MB/1h
※40ページ閲覧想定
画像のDL・UP
(スマホ・デジカメ標準)
1ヶ月あたり
2万枚
1日あたり
約666枚
約3~5MB/1枚
パワポ資料のDL・UP
(10ページ+画像10枚構成)
1ヶ月あたり
3,300資料
1日あたり
約110資料
30.15MB/1資料
メール
(300文字程度のテキストのみ)
1ヶ月あたり
約2千万通
1日あたり
約66万通
5KB/1通
GoogleMAP1ヶ月あたり
約6,666時間
1日あたり
約222時間
15MB/1h
LINE(メッセージ)1ヶ月あたり
約2万通
1日あたり
約666通
30MB/100通
LINE(通話)1ヶ月あたり
約4,000時間
1日あたり
約133時間
約25MB/1h
LINE(ビデオ通話)1ヶ月あたり
約333時間
1日あたり
約11時間
約300MB/1h
Instagram1ヶ月あたり
約250時間
1日あたり
約8.3時間
400MB/1h
ZOOM1ヶ月あたり
166時間分
1日あたり
約5.5時間
600MB/1h
データ通信量の目安表

カーWiFiとしての利用を想定する場合、「子供に動画を見せたり」「音楽を流すために利用したり」「ナビ代わりのGoogle MAP」で利用が想定されるので、使用が濃厚がサービスの1ヶ月あたりの想定利用時間まで算出してみました。

サービス別の想定利用時間
(100GB到達が12ヶ月後の想定で1ヶ月あたりを算出)

動画サービス

使える時間
(1ヶ月あたり)
使える時間
(1週間あたり)
Youtube
(自動選択=480~720p)
480p=スマホで普通画質
720p=スマホで高画質
約15時間約3.8時間
NETFLIX
(スタンダード:高画質(HD))
約6.9時間約1.7時間

音楽サービス

使える時間
(1ヶ月あたり)
使える時間
(1週間あたり)
Youtube Music
(自動音質)
約63時間約15.8時間
Amazon Music
(自動音質)
125時間31.25時間
radiko
(自動音質)
250時間62.5時間

地図サービス

使える時間
(1ヶ月あたり)
Google MAP555時間138.75時間

厳密には他の通信も同時に行なっているので、もう少し少なくなると考えましょう。

瀬戸根

動画を見るなら月10時間程度、音楽配信アプリの利用なら120時間程度、地図は気にする必要がないですね!

プリペイド式ポケット型WiFi同士の比較!ギガセットWiFiは安いのか?

プリペイド式ポケット型WiFiは、今後増えてくると予想されますが、現時点であるのは6社だけです。

6社ともクラウドSIMなので、通信速度やエリアは全て同じですが、端末が3種類に分かれているのでその辺りも踏まえて比較します。

スクロールできます
本体+ギガセット価格追加ギガ価格端末ギガ有効期限
リチャージWiFi
リチャージWiFi(MV)
100GB:25,480円
100GB:24,980円
5GB:19,980円
※即時開通モデル
100GB:6,980円
50GB:4,980円
30GB:3,280円
10GB:1,480円
MR1365日
ギガセットWi-Fi
ギガセットWi-Fi
100GB:24,980円
50GB:23,980円
30GB:22,980円
10GB:20,980円
※全て即時開通モデル
100GB:6,480円
50GB:4,980円
30GB:3,980円
10GB:1,980円
MR1365日
ネオチャージWi-Fi
ネオチャージWiFi
100GB:25,000円
100GB:24,500円
10GB:19,500円
※開通済みモデル
100GB:6,480円
60GB:4,980円
30GB:3,280円
20GB:2,880円
10GB:1,480円
1GB:980円
Macaroon SE
(Freebot SE)
365日
365チャージWiFi
365チャージWiFi
100GB:24,200円
60GB:22,000円
30GB:20,900円
20GB:19,800円
10GB:18,700円
※全て開通済みモデル
100GB:6,480円
60GB:4,950円
30GB:3,278円
20GB:2,860円
10GB:1,480円
1GB:980円
Macaroon SE365日
STARチャージWiFi
STARチャージWiFi
100GB:24,500円
100GB:22,500円
10GB:19,500円
1GB:19,000円
※開通済みモデル
100GB:5,980円
60GB:4,980円
30GB:3,280円
20GB:2,880円
10GB:1,480円
1GB:980円
Macaroon SE
(Freebot SE)
365日
サムライチャージWiFi
サムライチャージWiFi
100GB:32,980円
60GB:31,480円
10GB:27,980円
※全て開通済みモデル
100GB:6,980円
60GB:5,480円
30GB:3,780円
20GB:3,380円
10GB:1,980円
1GB:980円
NA01365日

結論からお伝えすると、ギガセットWiFiは安くも高くもないです。

ギガ付きの本体価格は、サムライチャージWiFi以外は、1000円程度の差しかないので、料金差はそこまで気にする必要はありません。

チャージ費用に関してもギガセットWi-Fiのチャージ価格が、100GBだとSTARチャージWiFiより500円高いので、チャージ数が多ければ多いほど、STARチャージWiFiより割高になってしまいます。

また、本体価格と端末価格の面から見ると、スターチャージWiFiや365チャージWiFiの方が、ギガセットWiFiよりも安いという結果でしたが、あくまでも誤差レベルです。

【ワンポイント】ギガセットWiFiの端末スペックは最安値のものより高い

STARチャージWiFiや365チャージWiFiで利用の端末は、UCOM社の「FREEBOT SE01」という機種ですが、別のクラウドSIMで利用されている「Macaroon SE」とほぼ同じ機種です。この機種は、通信が安定しないことが多く、実際に出る速度も比較的遅めな端末です。

Freebot SE01

ちなみに、Macaroon SEはUROCOMM社と違いますが、形状と内部が酷似しているので、本来の製造元は同じです。

Macaroon SE
Macaroon SE0

そしてMacaroon SEでは「繋がらない」「遅い」といった状況になることが度々あり、クラウドSIM端末の中でもSIMを掴むのが割と遅いので、電源を入れてから1~3分程度待つ必要がある端末でもあります。

ギガセットWiFiのMR01はかなり安定するNA01と同等スペック

THE WiFi NA01

どうしても格安を売りにしているSTARチャージWiFiや365チャージWiFiは、本体代・追加チャージ費用面が少しだけ安いですが、端末スペックはやはり低めです。

対して、ギガセットWiFiのMR1は、クラウドSIMでも最もスペックが高いと言われるNA01と同等スペックの端末であり、使いやすさ面や電波の入りが違います。

実際にモンスターモバイルと使い比べても大きな速度差がありました。

実際の端末違いによる計測結果

Macaroonの速度
(STARチャージWiFi等)
モンスターモバイルの通信速度が遅い時
NA01/MR01の速度
(ギガセットWiFi等)
THE WiFi(NA01)とPC画面

このように計測場所は同じにもかかわらず、大きく通信速度が変わるのは、明らかに端末スペックの影響が出ている可能性が高いというわけです。

こういった理由から、ギガセットWiFiの通信速度に対しての信頼性が高く、料金差は誤差程度の競合より使ってみての満足度に大きな差が出ることが予想されます。

結果的に、ギガセットWiFiが最もおすすめできるプリペイドWiFiと言っても過言ではないでしょう。

ギガセットWiFiは本当にお得?他ポケット型WiFiとの料金比較

ギガセットWiFiと、契約が必要な従量課金制・段階定額制のポケット型WiFiのなら、実際のところどちらがお得なのか?といった疑問にお答えするべく比較をしました。

ちなみに、リチャージWiFiと通信エリアや通信速度が同じクラウドSIMをピックアップしています。

比較をする方法は、ギガセットWiFiについているデータ容量(ギガ)は1年間以内なら有効で、1ヶ月あたりに換算すると8.3GB程度使える計算になるので、1ヶ月に使用するデータ容量を仮定して、24ヶ月間ほど使用した場合の総額料金をベースに比較を行いました。

ギガセットWiFi
(即時開通)
ギガWiFi
(ミニ従量プラン)
THE WiFi
(FiTプラン)
月5GB
(24ヶ月=120GB)
28,960円
30GB分チャージ含
16,500円42,372円
月8GB31,460円
100GB分チャージ含
28,380円52,932円
月10GB36,440円
150GB分チャージ含
28,380円52,932円
月15GB44,420円
300GB分チャージ含
40,260円52,932円
月20GB50,900円
400GB分チャージ含
40,260円52,932円
※ギガWiFiとTHE WiFiの料金は事務手数料を含めて計算
各サービスの料金詳細
料金・月額
(追加チャージ)
その他費用
リチャージWiFi■本体代■
(100GB付き即時開通モデル)
24,980円
■追加チャージ■
100GB:6,480円
50GB:4,980円
30GB:3,980円
10GB:1,980円
なし
ギガWiFi月5GB未満:月額550円
月5~10GB未満:月額1,045円
月10~20GB未満:月額1,540円
■事務手数料■
3,300円
■2年未満の解約金■
1,900円
※更新月は25ヶ月目
■端末残債■
24ヶ月-利用月数×1,100円
THE WiFi月0~1GB:月額1,298円
月1~5GB:月額1,628円
月5~20GB:月額2,068円
月20~40GB:月額2,596円
月40~100GB:月額3,960円
■事務手数料■
2,200円
■2年未満の解約金■
10,780円
※更新月は25ヶ月目

2年程度使うならギガセットWi-Fiは若干高めで、従量定額制のギガWiFiの方が大きく安いという結果になりました。

ちなみに月8GB以下の利用なら、1年間はリチャージWiFiを追加なしで利用できますが、1年経過後には残ったギガは消えてしまうので、さらに使う場合は追加が必要ですが、追加チャージ料金が高いので割高になるというわけです。

1年間追加チャージをしない場合でも、ギガWi-Fi(従量定額制)の方が理論上は安い

追加チャージをせず1年程度の利用想定なら

ギガセットWiFi
(即時開通)
ギガWiFi
(ミニ従量プラン)
月8GB(平均)24,980円
チャージなし
1年使って即解約なら
29,040円※1

更新月に解約なら
22,440円※2
THE WiFi FiTは高いので除外
※1  1年間の月額(1,045円×12ヶ月)+端末残債(1100円×12ヶ月)+事務手数料の合計
※2 1年間の月額(1,045円×12ヶ月)+1年放置分の月額(550円×12ヶ月)+事務手数料の合計

念の為、1年間は追加チャージしない範囲で使う場合も計算してみましたが、ギガWi-Fiの方が安いという結果になりました。

ちなみに、月5GB以下の利用なら、そもそもスマホのテザリングで十分な範囲です。

スマホのテザリングで足りないと感じている方は、逆にデータ容量が足りず追加チャージをたくさんすることになるため割高になってしまいます。

結果的にリチャージWiFiは段階定額制のポケット型WiFiであるギガWi-Fiより高いので、コンスタントに使ったりお得に利用したい方にはギガWi-Fiの方がお得です。

\ 従量定額制ポケット型WiFiでリチャージWiFiよりお得 /

ギガWiFiはものすごく安い代わりに、端末買取型プランになっています。24ヶ月間は端末分割代と同等の割引がありますが、24ヶ月以内の解約時は端末残債が請求されます。24ヶ月以内に解約するなら550円で24ヶ月間置いておくのがお得です。

ギガセットWiFiのメリットは8つ|比較や口コミから見えた利点

ギガセットWiFiを購入するメリットは次の8つです。

メリット
  • 契約不要だから月額支払いや解約手続き不要で手軽
  • 契約手続きがないから購入が簡単
  • 使いたい分だけチャージで無駄がない
  • おかわりギガ(追加チャージ)の反映が早い
  • 端末がMR1なので使いやすい
  • クレジットカードがなくても使える
  • プリペイドWiFiで料金とスペックのバランス(コスパ)が最も良い
  • 他プリペイドWiFiでは珍しいサポート窓口がある

契約不要だから月額支払いや解約手続き不要で手軽

ギガセットWiFiは契約不要で買い切り型WiFiなので、解約手続きなどの煩わしい手続きが一切ありません。

また毎月の契約ではないので、決まった金額を毎月払う必要がないので、毎月の出費を気にすることなくお手軽に利用できます。

データ容量を追加チャージする時は、本来の月額プランより割高なので、その時は出費が大きくなってしまいます。

契約手続きがないから購入が簡単

ギガセットWiFiは契約手続きなく、ECサイトでカートに入れて決済するだけで購入できます。

あとは端末の到着を待つだけなので、契約できているか調べる必要もありません。

使いたい分だけチャージで無駄がない

ギガセットWiFi購入時についているギガ(データ容量)が無くなったら、追加チャージをすればインターネットを使えるようにできます。

無駄に大容量通信ができるポケット型WiFiで、毎月大量にギガが余ってしまう人の場合だと、明らかに無駄な費用が発生していないので経済的という見方もできます。

ただし、追加チャージする際の金額はかなり割高なので、利用するデータ通信量次第では割高なので注意が必要です。

おかわりギガ(追加チャージ)の反映が早い

ギガセットWiFiのおかわりギガ(追加チャージ)は、24時間365日いつどこからでも追加チャージの決済完了後、最大30分以内にギガチャージが完了します。

※残量30GBの場合に100GBおかわりをした場合は残量表示は130GBではなく、残っている30GBを使い切ると100GBと表示される形になります。

引用元:ギガセットWiFi公式サイト(よくある質問)

端末がハイスペックなMR1だから使いやすい

MR1

プリペイド式ポケット型WiFiの現行端末は「MR1」と「FREEBOT SE01(Macaroon SE)」「NA01」の3種類あります。

いずれもクラウドSIM専用機種ということもあり、スペック自体は必要最低限になっていますが、端末内部のチップセットや電源起動時のSIM確定までの待機時間は、FREEBOT SE01(Macaroon SE)が最も遅く、MR1とNA01は同等の早さです。

またバッテリー持ちもFREEBOT SE01とMR1に差はないので、プリペイド式ポケット型WiFiの中で使いやすい機種はMR1と言えます。

支払方法が豊富でクレジットカードがなくても購入できる

ギガセットWiFiの支払方法

ギガセットWiFiの支払方法は豊富で、クレジットカードを持っていない方でも購入でき、追加チャージもできます。

利用可能な支払い方法
  • クレジットカード決済
  • コンビニ払い
  • 銀行振込
  • Paidy(あと払い)
  • ApplePay
  • GooglePay
  • PayPal決済
  • ペイジー決済
  • PayPay
  • atone翌月払い(コンビニ払い・口座振替)

先に払った分を使うプリペイド式なので、毎月の支払いがある契約が必要なポケット型WiFiのように与信が必要ないので、様々な支払い方法が選べます。

また、楽天市場やAmazon等のECサイトでの購入方法もあるため、多種多様な払い方ができるようになっています。

そのため、18歳未満の未成年でも購入可能となっています。

プリペイドWiFiで料金とスペックのバランス(コスパ)が最も良い

ギガセットWiFiの端末は、ハイスペックなMR01ですが、料金自体は最安値級の料金設定となっています。

そしてハイスペック機種を扱っているプリペイドWiFiの中で、最も料金が安いのも事実です。

クラウドSIMは、通信速度や電波の入りに関して、少しネガティブが出やすい通信商材だからこそ、端末スペックが高いものを選ぶのが最も重要です。

そう言った意味で、ギガセットWiFiはハイスペック機種の中で最安値であることから、最も使ってみてコスパの良さを感じるサービスだと言えます。

他プリペイドWiFiでは珍しいサポート窓口がある

ギガセットWiFiには、他の買い切り型プリペイドWiFiでは珍しい、カスタマーセンター窓口(チャット)がWEBに設置されています。

ギガセットWiFiのサポート窓口

基本的にはチャットBOT形式(選択式による設問回答)ですが、チャットBOTで解決できない場合は、担当者にメールができるようになるフォームが表示されます。

そこから、状態などを伝えることでカスタマーサポートを受けることも可能です。

ただし、基本的には商品購入型サービスなので、対応速度はあまり期待できないと考えておくのが良いでしょう。

\ 買い切り型プリペイドWiFiで最高コスパ /

ギガセットWiFiのデメリット・注意点は5つ|比較や口コミなどでわかる弱点

ギガセットWiFiを購入する前に知っておくべきデメリットは以下の5つです。

デメリット
  • 購入時の料金は割と高め
  • クラウドSIMだから通信速度が安定しないことがある
  • 毎月コンスタントに使うなら従量定額制ポケット型WiFiより割高
  • 急な通信・端末不具合のカスタマーサポートが受けれない

購入時の料金は割と高め

リチャージWiFiの料金は、100GBなら24,980円程、5GBでも2万円もします。

ギガセットWiFi100GB

家電製品として見ると高い方ではありませんが、モバイルルーターは状態の良い中古なら5000円程度で販売していることを考えると、100GB使えたとしてもそこまで安くはありません。

クラウドSIMだから通信速度が安定しないことがある

ギガセットWiFiの中身は、クラウドSIMです。

クラウドSIMは、端末にSIMを入れず、利用する場所で最適なSIM情報を使い通信していますが、利用する場所で最も通信品質が高く快適に利用できる回線を選択しているわけではありません。

ギガセットWiFiに、クラウドSIMサーバーでの通信を卸している会社が仕入れているSIMが足りなければ通信速度は必然的に遅くなり、通信障害のような状態になる場合があります。

また、大量のSIM情報が格納されており、利用できるデータ容量が少ないSIM情報を掴まされた場合は、端末側で最適化か端末再起動をしなければ別のSIM情報を掴んでくれないので遅くなってしまいます。

LTE回線を使えるから安定した通信が行えるわけではないことにご注意ください。

毎月コンスタントに使うなら従量定額制ポケット型WiFiより割高

ギガセットWiFiは100GBを1年間かけて使えば良いですが、1ヶ月あたり平均8.3GB使わない場合は100GBを使いきれません。

Youtubeなどを車の運転中に流すのであれば、十分使えるデータ通信量ではありますが、月5GB以上利用する場合は従量定額制ポケット型WiFiの方が実際のところ安く済みます。

従量定額制ポケット型WiFiとギガセットWiFiの料金比較はこちら

データ容量のチャージ代はSTARチャージWiFiより高い

リチャージWiFiの本体代は安いですが、ギガチャージ代が若干高めの設定です。

そのため、ちょくちょくチャージをする場合、最終的にはSTARチャージWiFiの方が安くなるので、たくさん使う方であれば、STARチャージWiFiにしてみることを検討してするのもありです。

しかし、そもそも端末スペックなどを含めて考えると、ほんの少し高くてもギガセットWiFiの方が使う価値はあります。

ギガセットWiFiがおすすめできる人・できない人

ギガセットWiFiをおすすめできる人とできない人は以下の通りです。

ギガセットWiFiをおすすめできる人

おすすめできる人
  • とにかく契約関係が苦手で月あたり5~10GB程度しか使わない人
  • 安くなくても問題ない人
  • 通信速度を気にしていない人
  • クラウドSIMやSIMフリー機種の知識がある人

ギガセットWiFiの最大のメリットは、100GBを1年間かけて使える部分ではなく、契約不要であるプリペイド式かつ、その中でもコスパが高いことです。

そして、100GBを1年程度で余すことなく利用できる方でないと、ギガセットWiFiにコストメリットを見出すのが難しいです。

安さ面で見る場合は、ギガセットWiFiと従量定額制ポケット型WiFiの料金比較でもわかるように、いっそ契約をして使わない月は550円で抑えて、たくさん使う月は2000円ほど払うような料金形態のものを利用する方が最終的にお得です。

そして、ギガセットWiFiはクラウドSIMなので通信速度が遅くなることもあるため、通信速度を必要としない使い方をされる方でないと快適とは言いづらいです。

またサポートも無いので、ポケット型WiFiや通信回線等に関する知識があり、何か起きても自己解決できる方なら最大限に活用できます。

だからこそ、サービスの特性や料金を踏まえると、少し高くても煩わしい契約が苦手な人で、クラウドSIMやSIMフリー端末の知識がある方で、使うデータ容量を見極められる方にのみおすすめと言えます。

\ 買い切り型プリペイドWiFiで最高コスパ /

ギガセットWiFiをおすすめできない人

おすすめできない人
  • コンスタントに通信データ容量を使う人
  • スマホのテザリングでデータ容量が足りない人
  • お得にポケット型WiFiを長期間使いたい人
  • 通信速度や安定性を求めている人

それぞれについて詳しく解説します。

コンスタントに通信データ容量を使う人

毎月3GBや毎月5GB、毎月10GB程度とある程度コンスタントに使うデータ量が決まっている場合は、その使うデータ量で最も安く使えて通信品質の高い月額制のポケット型WiFiを利用した方が安上がりです。

それに、ギガセットWiFiクラウドSIMなので、いつ遅くなるかわからないデメリットを含んでいるので、コンスタントに使う場合はより安定した通信ができるものを選んだ方が使い勝手の面でもおすすめです。

スマホのテザリングでデータ容量が足りない人

スマホの料金を最低限に抑えられる格安SIMなどに加入しており、通信できるデータ容量が少ないので、補うために別枠のデータ容量を求めている人の場合、使うデータ容量が5GB以下なら、中古端末を購入して、ドコモ回線の使えるデータSIMを契約する方が経済的です。

また、キャリアの定額プラン(新料金プラン含む)に加入していてテザリングで足りない方は、そもそもギガセットWiFiの100GBをすぐ消化してしまうので、1年以内に何度も追加チャージが必要になり、ものすごく割高になってしまいます。

もし、1年間で300GB使うのであれば、2回100GB分をチャージする必要があるので、1年間で39440円の料金がかかります。

これは3300円ほどのポケット型WiFiを契約しているのと同じなので、かなり割高になってしまいます。

お得にポケット型WiFiを長期間使いたい人

毎月使うデータ容量が5~10GB以内であれば、従量定額制のクラウドSIMの「ギガWi-Fi」の方が、2年間で4,000円~12,000円ほど安く利用できます。

使うデータ容量次第でお得さは変わってきますが、月15GB以上使うのであれば、確実に低容量タイプのポケット型WiFiを長期間使う方が安いです。

通信速度を求めている人

ギガセットWiFiはクラウドSIMなので、通信速度は平均20Mbps出るかどうかです。

平均なので、10Mbps以下しか出ないことも多くあり、30Mbpsほど出ることもあり、実際のところ平均15Mbps程度だとお考えいただくのが理想です。

そのため、通信速度がある程度必要なサービスを快適に利用したい人には向いていません。

快適に使える通信速度の目安がわかる図解

必要な下り速度例
サービス別に必要な通信速度の詳細

ちなみにサービスごとに必要な速度の目安は以下の通りです。

サービス快適な速度
WEBサイト視聴10Mbps
Twitter5Mbps
Instagram10Mbps
Tik Tok10Mbps
Youtube
(低画質)
3Mbps
Youtube
(普通画質)
10Mbps
Youtube
(高画質)
※HD〜2K画質
115Mbps
Youtube
(最高画質)
※4K画質程度
35Mbps
ZOOM20Mbps
GoogleMAP10Mbps
オンラインゲーム
※APEX・フォートナイト等
※速度よりPingのほうが重要
35Mbps
(Ping値:20ms以下が理想)
デスクワーク
(あらゆる仕事)
20Mbps以上
(コレぐらいあれば、ほぼ困らない)
大容量データの送受信50Mbps以上
(PC等の処理速度のほうが大事)
サービス別速度の目安表

※NETFLIXやAmazonプライム・ビデオは、Youtube(高画質)ぐらいがデフォルトです。5Mbps程度でも再生できますが、止まる可能性はあります。 必要な速度を満たしているけど遅く感じることもあります。

ちなみに通信速度自体は速いけど、遅いと感じることは2パターンあります。

1つ目が、Ping値というネット回線の反応速度が100msを上回っている場合で、どこかクリックして接続されるまで微妙な誤差があるので、画面の切り替わりが遅かったりします。

2つ目が、デバイス(PCやスマホ等)が重い状態になっている時(主にメモリパージ)で、通信自体は終わっているけど、デバイス側の動作が重いために、画面上に表示するのが遅くなっている状態です。

瀬戸根

遅いと感じる場合の原因は、必ずしも通信速度だけではないということを知っておいていただけると、より快適にネットが使えるようになりますよ。

ギガセットWiFiよりおすすめのポケット型WiFi

ギガセットWiFiは、契約不要なので利用後の手間を考えなくても良いですが、通信の品質面やコスト面での判断をするなら、最適な選択肢とは言えません。

もしリチャージWiFiを検討していたけど、自分には合わなさそうだと感じているのであれば、ぜひ以下もご検討ください。

ギガWi-Fi

ギガWi-Fi
こんな人に最適
  • 毎月使うデータ容量がバラバラな方
  • 毎月コンスタントに使う人(15GB以下)
  • 2年間はなんだかんだで使う人
  • 使うデータ容量は少ないけどサポートが必要な人

ギガWi-Fiは使った分で料金が決まる従量定額制のポケット型WiFiで、業界最安値の料金設定で月550円から使えます。

月額料金5GB未満:月額550円
5~10GB未満:月額1,045円
10~20GB未満:月額1,540円
通信回線クラウドSIM
(マルチキャリアLTE)
最大通信速度下り:150Mbps
上り:50Mbps
端末Macaroon SE
契約期間2年間
端末代実質無料
(毎月1,100円-月々割1,100円)
解約後の端末返却不要
解約方法電話でのみ解約できる
0120-540-784
11:00~18:30(土日祝除く)

\ 従量定額制ポケット型WiFiでリチャージWiFiよりお得 /

中古端末+データ通信専用SIM(イオンモバイル)

イオンモバイル
こんな人におすすめ
  • 品質の高い回線を使いたいライトユーザー
  • 端末の電源を入れた後の待ち時間が嫌な人
  • 無駄なくお得に使いたい人

使うデータ容量が毎月変更でき、1GB〜20GB以上でもお得なデータ通信専用SIMを扱っているイオンモバイル。

通信品質が高いドコモ回線のSIMも利用できるため、データ通信のみでも利用者が非常に多いです。

またどの程度の期間利用するかわからないという方でも、いらなくなったらマイページから解約手続きをして、SIMカードを捨てるだけなので、解約時の手間もほとんどありません。

詳細
料金1GB:528円
2GB:748円
3GB:858円
4GB:968円
5GB:1,078円
6GB:1,188円
7GB:1,298円
8GB:1,408円
9GB:1,518円
10GB:1,628円
20GB:1,738円
30GB:2,838円
40GB:3,938円
50GB:5,038円
※毎月月末の2日前ならプラン変更可能
通信回線docomo / au
最大通信速度下り:1,288Mbps
上り:131Mbps
※ドコモの場合
SIM標準・マイクロ・ナノ
契約期間縛りなし
解約方法マイページ / TEL
端末自分で購入(楽天・Amazon等)
イオンモバイルで購入(14,080円〜)

イオンモバイルで使う端末は基本的に中古で問題ありません。ただ、ドコモのプラチナバンドが使える機種でないと安定しないので、以下機種をお勧めいたします。

おすすめの中古モバイルルーター

created by Rinker
NECプラットフォームズ
¥4,650 (2024/07/20 14:19:56時点 Amazon調べ-詳細)

いずれの機種もそれなりに高評価を受けている機種なのでお勧めです。

\ 無駄なくお得で高品質通信 /

ギガセットWiFiの購入方法や使い方(チャージ方法含)

STEP
お好きなECサイトからリチャージWi-Fiを購入する

ギガセットWiFiの公式サイトはBaseで作られており、あらゆる支払い方法が選べます。ただ、Amazonや楽天市場などのECサイトで購入することもできるので、お好きな窓口から購入しましょう。

ただ、60GBや30GB等の低容量モデルや少しお得に購入したい方は、公式サイトよりお申し込みいただく必要があります。

\ 買い切り型プリペイドWiFiで最高コスパ /

STEP
端末の到着を待つ

自宅にギガセットWiFiが届くので、届いたら開通手続きを行います。

開通手続きはLINEや専用サイトからできるようになっており、即時開通モデルを選んだ場合は端末のIMEI番号等を入力すればすぐにインターネットが使えます。

通常開通モデルを選んだ場合は、平日18時以降は翌営業日にしか開通されないので若干ロスが出てしまいます。

STEP
充電アダプターが必要なら購入しておく

ギガセットWiFiのMR1に付属されているのは、本体と簡単な説明書、充電用USBケーブルです。

コンセントから充電するためのアダプターはついていないので必要に応じて購入しましょう。

スマホ等で利用しているアダプターはそのまま利用できます。

STEP
ギガを追加チャージするのは公式サイトと楽天市場からのみ

ギガセットWiFiの追加ギガチャージは、公式サイト(BASE)か楽天市場からのみ購入可能です。

必要なギガ数を選択して購入しましょう。

ギガセットWiFiのおかわりギガ

追加ギガチャージは端末内にあるギガが無くなる前にしておくことで、端末内に入っているギガがなくなったタイミングですぐ補充されます。

楽天市場窓口はこちら

ギガセットWiFiのよくある質問

ギガセットWiFiが繋がらない

まず端末を再起動してみましょう。

それでも繋がらない場合は、「ポケット型WiFiが繋がらない!13の原因と対処法を紹介」に記載の方法をお試しください。

ギガセットWiFiが遅い

ギガセットWiFiの端末を再起動するか、端末側で最適化をしてみましょう。

ギガセットWiFiはクラウドSIMなので、遅いSIMを掴んでしまうことがあります。その場合はこの2つの方法で改善します。

ただそもそも通信速度が遅いエリアにいたり、近所の基地局が混雑、回線提供側の速度低下などにより遅くなるケースもあります。

ただ10Mbps以上でている場合は、そこまで遅さを感じないはずなので、繋いでいるデバイスを再起動してみると体感速度が上がることもあります。

ギガセットWiFiに問い合わせしたい

ギガセットWiFiの公式サイトからアクセスできる「お問い合わせフォーム」より問い合わせをしてください。

ギガセットWiFiの問い合わせ先の電話番号が知りたい

ギガセットWiFiにコールセンターはありません。

公式サイトにある「チャット」内にあるカスタマーセンターから連絡してみましょう。

まとめ

リチャージWiFiは、プリペイド式WiFiで爆発的に売れましたが、まだまだサービスの認知度が低いので今後さらに利用者が増える可能性は考えられます。

ただ、そもそもコスト面でお得というわけではないので、お得なポケット型WiFiを利用したい方には向いていないですし、利用場所次第ではものすごく遅くて使いづらいこともあります。

ポケット型WiFi全体と比較検討して、リチャージWiFiにするか決めたい方は、次の「ポケットWi-Fiのおすすめ!失敗しない選び方」もご覧いただきご検討ください。

ちょっとWiFi編集部

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次