ausmartport

auスマホを使ってるから、auの置くだけWiFiがほしい!

こう考えて検索しても、出てくるのがおすすめしないといった内容の記事ばかりではありませんか?

そうはいっても、スマホauだし、なんだかんだでauが好き!という人だと、おすすめできない理由にイマイチ納得しきれないと思います。

この記事では、auスマホ利用歴18年で、インターネット回線に携わって13年になる管理人が『auスマートポートのすべて』をお伝えします。

auスマートポートって実際どうなの?

まず結論からお伝えすると、『auスマートポートは料金が無駄に高い!』ですが、auスマートポートをおすすめできる人がいないわけではないです。

auスマートポートをおすすめできるのは限られた人のみ

auスマートポートは『データ容量20GBほどのプランで、自分の名義でauスマホを3台以上同時契約していて、あまりネットを使わない人』であれば、実はおすすめできます。

詳しくはこんな人

4人家族で、自分の名義で家族全員がauスマホを契約していて、単身赴任で一人暮らし、家にあまりいないけど、家にネットがないと不便に感じるネットライトユーザー。
また家族が住む家でauスマホが割引になる回線を利用していないことが条件。

その理由は、auスマートバリューでのスマホ料金の割引が大幅に効いてくるので、WiMAXの格安プロバイダを利用するよりもお得になるからです。

auスマートバリューは、auスマホ1台につき最大1,000円/月の割引がつくので、4台分の合計割引額が毎月4,000円になるので、ほぼ無料に近い状態で利用できることになります。

ただ、これだけの条件が揃ってる人ってなかなかいませんよね。

auスマートポートの料金・プラン

auスマートポートの料金プランは、WEBサイトを見るだけだと少々わかりづらくなっていますが、基本的には下記4種類の料金がかかってきます。

auスマートポートの基本料金(内訳)
  • 基本月額
    →4,292円
  • 端末代(分割分)
    →22,000円(12/24/36のうち好きな回数で分割)
  • 割引分(auスマートバリュー分)
    →1,000円
  • オプション
    →ハイスピードプラスエリアモード1,005円
    →エクストラオプション利用料2,500円(超過後2GBごと)

この基本料金だけだと少し分かりづらいので、auスマホとauスマホ以外の方で、分けて計算します。

  auスマホ
(auスマートバリュー利用時)
auスマホ以外
(auスマートバリュー未利用)
月額 4,292円 4,292円
端末代 ※1 916円 916円
割引 -1,000円 -
ハイスピードプラス
エリアモード ※2
無料
(利用してもしなくても無料)
1,005円
(利用しなければ0円)
実際の月額 4,208円 5,208円

※1 端末代は22,000円を24分割で計算
※2 ハイスピードプラスエリアモード利用時は、au4GLTEが利用できますが、1ヶ月の通信データ容量制限が付きます。
(auスマートバリュー対象者:1ヶ月30GB、対象外は7GB)

auスマホ利用者は、auスマートバリューを利用することで、auスマートポート自体に1,000円の割引が入ります。

なので、auスマホかそうでないかで、毎月1,000円の料金差ができてしまいます。

auスマートポートの端末代は無料になるタイミングはあるか?

正直、今後どうなるかわかりません。

ただ、2019年9月30日にプラン内容が変わり、そのタイミングえ端末代が有料になったため、無料になる可能性は低いと考えられます。

どちらにしても、端末代22,000円は契約期間中に必ず掛かると思っておくほうが良いでしょう。

auスマートポートとWiMAXは本当に同じ?

置くだけWiFiで、違うサービスだと違いがでるのは、「回線」「料金」「端末」「サービス内容」の4つです。

この4つはどこまで同じでどこまで違うのか、詳しくご紹介します。

auスマートポートとWiMAXの回線は同じ

auスマートポートとWiMAXの置くだけWiFで利用している回線は全く同じもので、2種類あります。

  • WiMAX2+(2.4GHz/5GHz)
  • au4GLTE(800MHz)

この2種類の回線を利用した通信サービスがWiMAXであり、auスマートポートも同じ回線を利用しています。

通信エリアや通信速度等はWiMAXと全く同じです。

  auスマートポート UQ WiMAX
ハイスピードモード
(3日10GB制限)
WiMAX2+のみ WiMAX2+のみ
ハイスピード
プラスエリアモード
(1ヶ月7GB制限)
WiMAX2+
au4GLTE
WiMAX2+
au4GLTE

全く回線が同じで、端末側で行う通信モードの名称も同じとなっています。

WiMAX2+は高周波の電波を利用した高速通信が得意な回線、au4GLTEは低周波の電波を利用したエリアの広い回線となっています。

ただau4GLTEを利用した場合(ハイスピードプラスエリアモード時のみ)1ヶ月7GB制限がかかってしまい、その月はモードをハイスピードモードに変更しても同じです。

auスマートポートとWiMAXの取扱端末は同じ

auスマートポートとWiMAXで利用できる端末3種類あり、いずれも全く同じ端末です。

auスマートホームとWiMAXのホームルータ三種類

  HOME 02 HOME L02 HOME 01
発売日 2020年1月30日 2019年1月25日 2018年12月7日
製造元 NECプラットフォームズ HUAWEI NECプラットフォームズ
通信速度
(下り)
最大440Mbps 最大1Gbps 最大440Mbps
サイズ 約50×118×100mm
(横×高さ×奥行)
約93×178×93mm
(横×高さ×奥行)
約70×155×100mm
(横×高さ×奥行)
アンテナ性能
(体感)
同時接続台数 20台 40台 20台
WiFi規格 2.4GHz/5GHz 2.4GHz/5GHz 2.4GHz/5GHz
その他 スマートスピーカ連動 Wi-Fi TX
ビームフォーミング
四方位高感度アンテナ
 

これらの端末はauスマートホームもWiMAXも全く同じ性能です。そのため、どの端末が良いのか?という疑問が湧いてくるかと思いますが、「HOME L02」を選べば問題ありません。

その理由は、実際に利用してみた際に微妙に感じたアンテナ感度の高さです。

若干ですが、L02のほうがアンテナ感度が高く、室内利用時の通信速度だったり電波強度が強く感じました。

auスマートポートとWiMAXの料金の違い

  実質月額 ※1
(auスマホ時)
特典 端末代 最短受取 auスマホ割引 最低
契約期間
auスマートポート 5,208円
(4,208円)
なし 22,000円
(1年/2年/3年分割)
当日 auスマートバリュー
月1,000円割引/台数分
2年
Broad WiMAX 3,295円
(同じ)
現金10,000円
キャッシュバック
無料 最短
当日
auスマートバリューmine
月1,000円割引/1台分
3年
GMOとくとくBB 3,393円
(同じ)
現金30,000円
キャッシュバック
無料 最短
2日後
3年
GMOとくとくBB 3,407円
(同じ)
月額割引 無料 最短
2日後
3年
UQ WiMAX 4,380円
(同じ)
3,000円分
商品券
15,000円
(一括/2年分割)
最短
3~4日後
2年
BIGLOBE 4,330円
(同じ)
現金15,000円
キャッシュバック
19,200円
(一括/1年分割)
最短
3~4日後
1年
※1 キャンペーンや端末分も含め最低契約期間の平均月額となっています。
計算式:実質月額=(期間中の月額合計+端末代-キャッシュバック)÷最低契約月数

auスマートポートの月額料金は、WiMAXの各社プロバイダの料金より約1,000円〜2,000円高いです。

この比較した置くだけWiFiがすべて同じサービスとして考えると、auスマートポートよりBroadWiMAXの方が毎月2,000円安く利用できるので、お得なのは間違い有りません。

最新の比較ランキングを見てみる

補足
ただ、割引を受けるauスマホの台数次第で、auスマートポートの方が通信費の合計で得する可能性はありますが、それだけの台数があれば違う割引にはいっている可能性のほうが高いので現実的ではないと思います。

よって、料金的に見ると、auスマートポートを選ぶと損をすることになります。

auスマートポートとWiMAXでサービス内容が少し異なる

実は料金以外にも、auスマートポートとWiMAXで違うところがあります。

スマホの割引が違う

どちらの置くだけWiFiもauスマホの割引がありますが、実は割引サービスとしての内容が違います。

  • auスマートポート
    割引名:「auスマートバリュー」
  • WiMAX
    割引名:「auスマートバリューmine
  割引台数 割引額 割引対象
auスマートバリュー
(auスマートポート)
台数分 最大1,000円/月 指定プラン加入の
au(KDDI)で契約中の
通信端末
auスマートバリューmine
(WiMAX)
1台 最大1,000円/月 指定プラン加入の
au(KDDI)で契約中の
通信端末

この割引サービスの違いにより、「同一名義のauスマホ台数分割引が受けられる」のか、「1台しか受けられない」のかの違いがでてきます。

補足
ちなみに、auスマートポートもauで契約中の通信端末に含まれるので、auスマホ利用者は、基本月額4,292円+端末割賦分が請求され5,000円代になるところ、4,000円代で利用できるのです。

また、auスマートポートでのスマホ割引はauスマホのみですが、WiMAXはUQmobileスマホも割引を受けることができます。

事実として、通信費総額の削減を考えるのであれば、UQmobileにするほうが賢い選択といえるため、どちらにしてもauスマートポートの旨味が無いともいえます。

ハイスピードプラスエリアモードの内容が少し違う

ギガ放題プランの基本は、ハイスピードモード(デフォルト)でWiMAX2+回線のみの利用だと、1ヶ月無制限(3日10GB)なので、設定を変更される方のみ対象の情報です。

ハイスピードプラスエリアモードは、エリアが広くなるメリットを得る代わり、1ヶ月の通信制限7GBのデメリットを得ることになります。

補足
ハイスピードプラスエリアモードは、「WiMAX2+」と「au4GLTE」の2種類の回線を同時利用できるモードのことで、電波の弱い「地下」や「室内の奥側」で非常で活躍するモードです。

ただ、このハイスピードプラスエリアモード時の通信制限が下記の場合で変わります。

  ハイスピードプラス
エリアモード
(auスマホバリュー適用時)
ハイスピードプラス
エリアモード
(auスマホ以外)
ハイスピードモード
(auスマホ含む)
auスマートホーム 1ヶ月30GB 1ヶ月7GB 1ヶ月無制限
(3日10GB)
WiMAX 1ヶ月7GB 1ヶ月7GB 1ヶ月無制限
(3日10GB)

基本的にauスマホ利用者かつ、auスマートポートにauスマートバリュー適用時のみ、7GB→30GBに拡張されるだけです。

ただ、30GBという容量は、スマホ+PCの2つを使っているだけで、すぐに到達してしまいます。

最近だと、アプリのアップデートや、PCのソフトウェア・OSのアップデートでもかなりのデータ容量を使用してしまい、更に動画や音楽再生なんてしてしまうと、50GB〜100GBなんてあっという間に使ってしまいます。

なので、30GBは充分な容量とはいえません。

【結論】auスマートポートはWiMAXのOEM商品みたいなもの

auスマートポートとWiMAXの置くだけWiFiは、「回線(サービス提供エリア)」「端末」「プラン」などは全く同じで、サービスのコア部分が同じでなので使用感等は全く同じです。

ただ、WiMAXサービスをau(KDDI)がOEMして、自社サービスとして販売しているため、名前が違ったり、KDDIだからこそできる、auスマホ割引やau4GLTEのデータ容量制限にちょっとした違いがでているだけです。

よって、auの置くだけWiFiとして考えている方は、サービスのコア部分が同じにもかかわらず、月額料金が2,000円ほど安いWiMAXにしたほうがメリットが大きいのは間違い有りません。

【まとめ】auスマートポートよりWiMAXのほうがコスパがいい

auスマートポートとWiMAXの違いを、再びおさらいしてみましょう。

  auスマートポート
(ギガ放題利用時)
WiMAX
(ギガ放題利用時)
回線 WiMAX2+
au4GLTE
WiMAX2+
au4GLTE
基本速度制限
(ハイスピード)
1ヶ月無制限
(3日10GB)
1ヶ月無制限
(3日10GB)
基本速度制限
(ハイスピードプラスエリア)
1ヶ月7~30GB 1ヶ月7GB
端末 HOME 02
HOME L02
HOME 01
HOME 02
HOME L02
HOME 01
実質月額 5,208円
(au以外)
4,208円
(auスマホ)
3,295円
(プロバイダ次第)
キャンペーン なし 現金キャッシュバック
月額割引等
auスマホ割引 最大1,000円/月
(台数分)
最大1,000円/月
(1台分)
その他スマホ割引 なし UQmobile

この通り、サービスコア部分に差はありませんが、それぞれサービス販売者としての細かな違いがでるだけです。

ただ、明らかに月額料金がWiMAXのほうが安いので、置くだけWiFiとしてはWiMAXを選ぶ方がお得です。

ちなみに、WiMAXはKDDI傘下の企業なので、au(KDDI)が好きという方は、ぜひWiMAXに目を向けてみてください!

WiMAXの置くだけWiFiのお得なプロバイダ比較

順位 ランキング1位 ランキング2位 ランキング3位
会社名 BroadWiMAX GMOとくとくBB
(キャッシュバック)
カシモWiMAX
ロゴ BroadWiMAX-LOGO GMOとくとくBBのロゴ カシモWiMAX-logo
想定納期 最短当日 最短1~2日後 約2~4日
実質月額 3,295円 3,351円 3,685円
回線 WiMAX/LTE WiMAX/LTE WiMAX/LTE
端末 W06/WX06 W06/WX06 W06/WX06
契約期間 3年 3年 3年
特典 月額大幅割引
キャッシュバック
10,000円
キャッシュバック
最大31,500円
月額大幅割引
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★
  詳細をみる 詳細をみる 詳細をみる

■ ランキング全12社 ■

順位 会社 実質月額※1 キャンペーン 端末在庫
1 BroadWiMAX-LOGO 3295円 キャッシュバック
10,000円
2 GMOとくとくBBWiMAXのロゴ 3351円 キャッシュバック
31,000円
3 GMOとくとくBBWiMAXのロゴ 3501円 月額割域
4 カシモWiMAX-logo 3548円 月額割引
5 dti-logo 3590円 月額割引
6 ASAHIネットWiMAXのlogo 4026円 月額割引
7 hi-ho-logo 4026円 月額割引
8 so-netモバイルWiMAX2+のロゴ 4046円 月額割引
9 biglobeWiMAXのロゴ 4330円 キャッシュバック
15,000円
10 YAMADA
(家電量販系)
4505円 不明
11 UQ WiMAX 4505円  なし
12 auロゴ 5796円 なし 不明

※1 実質月額は下記計算方式で算出しています。
(請求月額の総額-キャッシュバック÷最低契約期間)

2021年1月27日現在、最も安い使い放題のWiMAX、『BroadWiMAXです。

BroadWiMAX限定キャッシュバック

実は、BroadWiMAXのキャッシュバックは、受け取りがすごく簡単です。

補足

というのも、GMOとくとくBBの場合、キャッシュバックを受け取るには、契約から11ヶ月後に、契約時に発行されるGMOとくとくBBのメールアドレスに届く、受取手続きができるメールを開き、そこから手続きをする必要があります。
※メールが届いた月の翌月末までに手続きをしないと、キャッシュバックは受け取れなくなります。

BroadWiMAXは、端末が届いた月の翌月5日に届くメールから、振込口座の申請をするだけ

それだけで、一番お得に下記画像のように1ヵ月無制限で高速通信が利用できます。

BroadWiMAXが、なんだかんだでコスパがいいんです。

こういったことがあって、BroadWiMAXは2年連続満足度N01プロバイダに選ばれているのでしょう。

BroadWiMAX&クラウェブ
公式提携キャンペーンサイトへ

結論からいうと、今安く利用できるプロバイダは、『BroadWiMAXです。

ただ、GMOとくとくBBを推しているWEBサイトが多いのはなぜかというと、BroadWiMAXの限定キャッシュバックを扱う権利がなく、当サイトのような料金比較にはならないためです。

またGMOとくとくBBに関しては、キャッシュバック金額が大きいのでお得なように感じますが、実際は『キャッシュバックの受取までに1年かかり、受取手続きを忘れるリスクが高い』というわけで、おすすめできない人も非常に多いのが現実です。

そうはいっても、実質月額が安いWiMAXプロバイダは、auスマートポートを契約するより明らかにお得なので、ぜひお得に利用できる置くだけWiFiを選んでくださいね!