口座振替できるポケットWiFi特集
  • 「口座振替のポケットWiFiの料金がよくわからない」
  • 「たくさんあってサービスの違いがわからない」
  • 「結局どれがお得でどれを選べばいいのかわからない」
  • 「口座振替の手続きが簡単なものがいい」

アナタはどんな口座振替のポケットWiFiを選びたいですか?

ポケットWiFiは様々な会社があって、どれが口座振替に対応しているのか、またどのポケットWiFiを選べばいいのかわかりにくいですよね。

この記事では、アナタにマッチした口座振替のポケットWiFiを選べるように、簡潔に比較&解説を行いました。

できればクレジットカード払いがおすすめ

ポケットWiFiは口座振替払いにすると1ヶ月300~700円ほど割高になってしまいます。

そのためクレジットカードをお持ちであれば、クレジットカード払いの方が安く使うことができます。
クレカ払いのポケットWiFiキャンペーン比較はこちら

【結論】口座振替の無制限で安いポケットWiFi

BIGLOBE WiMAXは口座振替で最もお得

BIGLOBE WiMAX

月額料金 3,990円
キャンペーン 17,000円
キャッシュバック
契約期間 1年間
端末台 一律:19,200円
(実質2,200円)
取り扱い端末 W06/WX06/L02/HOME02
オプション 不要
途中解約時
違約金
12か月未満:1,000円
13ヶ月以降:0円

BIGLOBE WiMAXは、老舗プロバイダとしての安心のサポート力と1年契約による契約のしやすさが魅力的です。

また、WiMAXはポケットWiFiの中で、唯一ほぼ無制限で利用できます。

そのため、どれだけデータ容量を使うかわからない。そんな人でも安心できます。

ちなみに3日10GBの制限はありますが、10GB超過した翌日18時頃〜翌々日午前2時までの8時間です。また、速度制限時の通信速度は約1Mbpsと緩く、月200GB以上の利用も事実上可能となっています。

BIGLOBEは、そんなWiMAXの中で、1年契約という手軽さかつお得さから人気があります。

BIGLOBE WiMAXを選ぶメリット・デメリット

  • 口座振替ポケットWiFiで最安値
  • 契約期間が短い
  • 途中解約がしやすい
  • SIMのみ契約が可能
  • キャッシュバックで端末代実質2,200円
  • オプション加入一切不要
  • 端末一括購入が必要
  • 口座振替手数料が数百円かかる
    ※全ての口座振替対応業者でかかります。

BIGLOBE WiMAXは、いわゆる最強の口座振替対応のポケットWiFiです。

期間限定キャッシュバック増額中 /
BIGLOBE WiMAX
公式ページへ

BIGLOBE WiMAXの口コミ・評価をみる

口座振替で支払いできるポケットWiFiは9社

提供会社 プロバイダ オススメ度 特徴
WiMAX BIGLOBE
WiMAX
・端末代19,200円がかかる
・1年契約可能
・解約金が安い
・キャッシュバックがある
UQWiMAX × ・端末代15,000円かかる
・BIGLOBEより毎月100円安い
・キャンペーンが薄い
Broad
WiMAX
× ・初期費用が高い
・月額料金は安め
・3年契約必須
Y!mobile
※新規受付終了
× データ容量・料金・繋がりやすさの、
3つの面でオススメできない
FUJI WiFi ・契約期間の縛りなし
・口座振替はないがコンビニ払いができる
・大容量プランがある
docomo × ・月額料金は最高値
(7,000円以上)
au × ・WiMAXとサービス内容が同じ
・単純に高い
・キャンペーンがない
SoftBank × ・Y!mobileと同じサービス内容。
・データ容量が少ない
・料金が割高
・通信速度が遅い
・他社より2倍近く高い
NEXTmobile
※新規受付停止中
× データ容量30GBと少ない
毎月かなり安い
どんなときもWiFi
※新規受付停止中
× 無制限といいつつ制限がある

上記、表の理由に記載の通り、口座振替でおすすめできるのはBIGLOBE WiMAXです。

その理由は、圧倒的なコスパの良さです。

上記でもお伝えしたので、次にいきます。

口座振替のポケットWiFiを選ぶ前に知っておくこと

ポケットWiFiを選ぶ際に重要なのが、自分の使い方にマッチしているモバイルWiFiルーターを選べるかどうかです。

そのために、まず下記2点について知る必要があります。

1,利用するデータ通信量

あなたがポケットWiFiで利用するデータ容量はどのくらいですか?

といっても『どのぐらいデータ容量を使っているのかはわからない』方も多いかと思います。

ただ、選ぶ基準がなければ、あなたが利用するデータ量次第では速度制限にかかったり、あまり使わないのに料金の高いプランのポケットWiFiを選んでしまう可能性があります。

利用するデータ通信量がわからない場合は下記を基準に選んでください。

データ容量の目安
1時間利用 10GB 100GB
NETFLIX 低画質 300MB 33時間 333時間
中画質
700MB 14.3時間 143時間
高画質 3GB 3.3時間 33時間
Youtube 低画質
(144p)
120MB 83.3時間 833時間
中画質
(480p)
612MB 16.3時間 163時間
高画質
(1080p)
2GB 5時間 50時間
Instagram
400MB 20時間 200時間
ZOOM
600MB 16.6時間 166時間

※スマホ・タブレット・ノートPCの利用メインなら中画質で問題ありません。
TVで動画を見る場合は、通信速度により中画質~高画質になります。

無制限&使い放題(WiMAX)がいい方
  • 動画配信サービスをよく利用する方
  • 家にWiFiが無い方
  • データ利用量がとにかく不明だから安心を選びたい方

利用データ量がわかっている方は、少しだけ多めのデータ容量プランを選ぶようにしましょう。

2,機種(ルーター)で選ぶのは意味がない

口座振替のポケットWiFi端末ALL

ポケットWiFiはそれぞれルーター端末の種類が違い、通信速度性能も表向きは違います。

しかし、Wi-Fi利用時に性能差を感じることはほぼありません

その証拠に最速のWiMAX端末(1.2Gbps)とNEXTmobile(150Mbps) の通信速度を比較したものをご用意しました。

NEXTモバイルとWiMAXの速度比較結果

NEXTmobileというSoftBankLTE系ポケットWiFiは「14Mbps/7,7Mbps/5,4Mbps」 という通信速度でした。

そしてWiMAXは9.1Mbpsという通信速度でした。(ただこの時は遅い時です。)

■最近の通信速度の比較データ

ExWiFiCloudとZEUSWiFiとWiMAXの速度比較

実のところ、最近はWiMAXが速すぎるので、端末のスペック差はあまり関係ありませんが、回線の安定性が圧倒的に良いです。

では次に、4種類のポケットWiFiの違いについて解説します。

口座振替ができるポケットWiFi4種類の特徴

ポケットWiFi9社を表に掲載しましたが、大別すると下記4種類だけです。

  • WiMAX(au)
  • クラウドWiFi
  • キャリアLTE系
  • Y!mobile(新規受付終了)

簡単に違いを紹介します。

WiMAXの特徴

UW WiMAXの特徴

WiMAXは、深田恭子さんなどのCMでおなじみのUQmobileを扱っているUQコミュニケーションズの商品で、ご存知の方がほとんどだと思います。

そんなWiMAXは、お客様満足度2年連続No1を取っている会社でもあり、ポケットWiFiの中で最も人気があります。

WiMAXお客様満足度No1

WiMAXが人気な理由

  • ほぼ使い放題かつ高速通信(3日10GB制限あり)
  • auスマホ利用者は毎月最大1,000円割引がある
  • キャンペーンが充実(キャッシュバックが大きい)
ほぼ使い放題かつ高速通信(3日10GB制限あり)

WiMAXギガ放題

WiMAXには、1ヶ月の利用データ容量制限がないギガ放題プランというのがあり、通信速度が速く安定している特徴があります。

というのも、クラウドWiFi等のLTE回線は回線キャパが決して多いわけではなく、利用者が急増した場合に通信速度が遅くなることがよくあったり、無制限とうたっていたのに100GBほどの利用で制限にかかった例が多くありました。

ただ、WiMAX2+回線のキャパは多いのか、こういった問題は起きておらず、3日10GB制限(通信速度1Mbps程度と緩めの制限)があるとはいえ、ある程度は高速通信が可能です。

auスマホ利用者は毎月最大1,000円割引がある

auスマートバリューmine

auスマホ利用者がWiMAXを契約すると、プランにより毎月auスマホの利用料金が1,000円割引される、auスマートバリューmineというサービスがあります。

キャンペーンが充実(キャッシュバックが大きい)

BIGLOBEWiMAXのキャンペーンサイト

ポケットWiFiの中で唯一、キャッシュバックキャンペーンなどを行っているのがWiMAXで、光回線に匹敵するキャンペーン内容になっているプロバイダも多数あります。

補足
クレジットカード払いなら30,000円代のキャッシュバックや、月額料金が大幅に割引となるキャンペーンも行っています。

口座振替に対応したWiMAXは3社のみ

  • BIGLOBE WiMAX
  • UQ WiMAX
  • BroadWiMAX

いずれのWiMAXもサービス内容は同じですが、キャンペーンや月額料金等のプラン内容が異なるため、料金が大幅に違います。

クラウドWiFiの特徴

※現在、口座振替対応のクラウドWiFiは休止中です。

クラウドWiFiは、データ容量制限はありますが、au/docomo/softbankの3つのキャリアのLTE回線のうち、利用する場所で快適に利用できるLTE回線を自動選択して通信を行います。

要するに、3キャリアのLTE回線が利用できるので、auで弱い場所でもdocomo回線が入る、softbank回線が弱い場所でもdocomo回線が入るといったエリアが非常に広いポケットWiFiです。

ただ、利用できるLTE回線は、キャリアと全く同じわけではなく、docomoならPREMIUM4G回線は利用できず、通常のLTE回線だけだったりします。

他キャリアでも似たようなもので、通信速度はキャリアスマホより遅いです。

ただ、100GB以内の利用なら最安値で利用できたりするメリットがあります。

キャリア系ポケットWiFiの特徴

aushop

キャリア系ポケットWiFiは、スマホキャリアが販売しているポケットWiFiや、キャリアのLTE回線が利用できるポケットWiFiのことでエリアは非常に広いです。

原則としてキャリア系WiFiは「docomo」や「SoftBank」、「NEXTmobile」のことを指しています。
※auはキャリア系ですが、サービス内容はWiMAXです。

キャリア系ポケットWiFiの特徴を一言でいうと、月額料金が非常に高く、データ容量が少ないです。

そのため、一般的に選ぶ人は少なく、自分で調べている人で契約している方はほぼいません。ただ、スマホショップで営業された際に契約される方はいるようです。

また、SoftBankLTEが利用できるポケットWiFi等だと、キャリアがサービス提供しているものより速度が安定しないことがあります。

Y!mobile(ワイモバイル)の特徴

Y!mobileは、格安スマホで有名な会社ですが、そんな会社が出していたポケットWiFiがYahoo!WiFiです。

ただYahoo!WiFiは2019年1月31日(木)13時を持って新規申し込みが終了し、もう販売していません。

補足

ちょっとした豆知識ですが、Y!mobileは実はポケットWiFiという名前の生みの親なんです。

もう古い話ですが、旧E-mobile(Yahoo!に買収される前の会社名)の時に提供していたモバイルWiFiが、イーモバイルの登録商標をされていたポケットWiFiだったのです。

ただ、現在では、ポケットWiFiという名称は一般名として呼ばれる様になっているため、WiMAX等を含めたモバイルWiFiそのもの全てがポケットWiFiという認識になっていたりします。

口座振替ができるポケットWiFiの月額料金比較

ここからは、掲載した口座振替に対応したポケットWiFiの月額料金等を、比較します。

※下記表のロゴは公式サイトへリンクしています。

ポケットWiFi
各社
実質
月額
特典
キャンペーン
データ
容量
契約
期間
請求
月額
端末代
BIGLOBE WiMAXのロゴ 4,155円 15,000円
キャッシュバック
無制限
(3日10GB)
1年 毎月3,980円 19,200円
(実質4,200円)
UQ WiMAX 4,505円 なし 無制限
(3日10GB)
2年 毎月3,880円 15,000円
BroadWiMAX-LOGO 4,535円 なし 無制限
(3日10GB)
3年 1~2ヶ月
2,726円
3~24ヶ月
3,411円
25~36ヶ月
4,011円
無料
※初期費用
18,857円別途必要
FUJI WiFiのロゴ 2,600円~
2,900円~
3,950円~
3,950円~
4,950円~
事務手数料無料

最大月500円割引
月30GB
月50GB
月100GB
1日5GB
1日10GB
縛りなし データ容量次第 レンタル
docomo logo 8,000円以上 なし スマホ
プラン
次第
2年 基本料金
3014円

スマホプラン代
68,904円
auロゴ 5,466円 なし 無制限
(3日10GB)
2年 毎月4,296円 28,080円
softbankのロゴ 5,196円 なし 7GB 2年 毎月3,696円 36,000円
NEXTmobile
※新規受付停止中
- - 30GB 2年 毎月2,700円 36,000円
どんなときもWiFi
※新規受付停止中
- - 無制限 2年 毎月3,480円 無料

WiMAXは、au4GLTEを利用しなければ、地下では少し弱くなってしまうという特徴がありましたね。

ただ、au4GLTEを利用することができるときは、他と変わらない繋がりやすさを得ることができ、料金も安いので非常にコスパの良いポケットWiFiと言えます。

さて、ここでお伝えしたいのは、「インターネットをたくさん利用でき、通信速度の速いポケットWiFiはどれか?」ということです。

ここで一つの結論をお伝えすると、使い放題でネットを利用したい方は間違いなくWiMAXがコスパが良いです。

ポケットWiFiで日本一のシェアを誇っているWiMAXだからこその使い勝手の良さ、繋がりやすさの面でも地下や室内の奥側で弱めなだけであり、大抵は繋がります。

WiFiはかせ

私もWiMAX愛用者の一人ですが、確かにマンションで窓から離れすぎると若干弱くなりますが、最近では端末のアンテナ性能が良くなってきていて、弱さを感じることが減ってきました。

なにより、カフェなどでパソコンをよく利用するので、そういった時に非常に役に立っています。

また私は動画を見ませんが、データのアップロードやダウンロードの兼ね合いにより、WiMAXで毎月20GBほどデータ通信しています。

ちなみにWiMAXのギガ放題は、3日10GBの通信制限にかかったとしても、直近3日間での利用データ量10GBを超えている期間の翌日までしか、速度制限にかからず、すぐ速度制限が解除されるので、上手に使えば200GB〜300GBの利用も可能です。

補足
少なくともスマホなどに繋ぎたいと考えている方は、アプリのアップロードやiphone自体のアップロード、パソコンの定期的なアップロードでデータ通信量を予想外に利用するため、通信制限のあるポケットWiFiでは日常的に利用するSNSなどが満足に利用できなくなる可能性もあります。

こういった点が、WiMAXが選ばれる理由でもあり、WiMAXがオススメな理由です。

口座振替できるポケットWiFキャッシュバックの大きいWiMAXはどれか?

口座振替で最もキャッシュバックが多いのは『BIGLOBE WiMAX』です。

BIGLOBEWiMAXのキャンペーンサイト

BIGLOBEは、支払い方法に関係なく、誰でも15,000円キャッシュバックがもらえます。

そして、口座振替最安値級になり、最もお得に利用できるWiMAXとなります。

一番おとくな口座振替 /
BIGLOBE WiMAXの公式ページへ

クレジットカード払いなら!

ちなみに、口座振替でなく、クレジットカード払いであれば、GMOとくとくBBというプロバイダで、最大30,000円以上のキャッシュバックを受け取れます。
GMOとくとくBBのキャッシュバックをみてみる

口座振替のBIGLOBE WiMAXの端末代19,200円を抑える方法

この方法は、キャッシュバックが受けとれなくなりますが、初期費用を抑える事ができる方法です。

その方法は、「中古端末を購入する」+「BIGLOBE WiMAXのSIMのみ契約」することです。

BIGLOBE WiMAXを端末同時契約すると、端末代が初月19,200円もかかりますが、SIMカードのみの契約なら事務手数料の3,000円しかかかりません。

そして、中古端末の場合、端末購入費用を半分以下に抑える事が可能です。

WiMAXの人気端末であるW06やWX06であれば、状態が良い中古で5,000円~8,000円ほどで購入できます。最安値クラスだと4,000円ぐらいです。

WiFiはかせ

キャッシュバック15,000円を考えると、4,200円以上だと少々割高かもしれません。

ただ、初期費用を抑えることができるので、初月に高額費用を払いたくない人がご利用ください

WiMAXのおすすめ中古端末

■モバイル型

性能だけならW06のほうがおすすめです。

ただ5,000円を超えるなら新規契約するほうがお得です。

■据え置き型(ホームルーター)

created by Rinker
UQ
¥8,400 (2021/01/24 06:28:50時点 Amazon調べ-詳細)

BIGLOBE WiMAXのSIMのみ申し込む方法

BIGLOBE WiMAX SIMのみプラン

申込み画面上にある、上記画像の「SIMのみ」を選択するだけです。

一番おとくな口座振替 /
BIGLOBE WiMAXの公式ページへ

レンタルでコンビニ払いができるFUJI WiFiも一考の余地あり

FUJI WiFiのメインビジュアル

FUJIWiFiの詳細
月額料金 30GB 2,600円
50GB 2,900円
100GB 3,950円
1日5GB 3,950円
1日10GB 4,950円
端末代 無料(レンタル)
契約期間 縛りなし
キャンペーン 1月31日まで
事務手数料無料

月額300~500円割引
(契約中ずっと)

FUJI WiFiは、月額料金は安くありませんが、レンタルなので端末代もかからず初期費用も安く抑えられます。

ただ、通信速度が遅めのSoftBank回線かクラウドSIM型ポケットWiFiしか選べません。

そのため通信速度を求めないならおすすめできます。

FUJIWiFiの公式サイトをみる

【まとめ】口座振替はBiglobe WiMAXがオススメ

BIGLOBEWiMAXのキャンペーンサイト

  • キャッシュバックがある
  • キャッシュバックを選んだ時の受け取りが楽
  • コールセンターのサポートが強い
  • 人気のあるプロバイダというだけで安心できる
  • 口座振替ができるプロバイダでは最安値級

他にもたくさんありますが、このようなポイントによりBIGLOBEWMAXがオススメできます。

実は、あまり公表されていない真実ですが、プロバイダにより通信速度が違います。フレッツ光の時もそうでしたが、Biglobeはかなり安定した高速通信が可能です。

だからこそ、動画も見ることがある方は、通信速度は重要なので、Biglobe WiMAXがオススメなのです。

ただ、1点だけ注意が必要です。

Biglobe WiMAXはWEBでのみ申し込み可能

申し込みをする方法によりキャンペーンが変わるということです。

そもそも、家電量販店などではBiglobe WiMAXは契約できません。窓口をWEBだけに絞っているため、このように大きめのキャンペーンをしているのです。

ですので、WEBサイトから申し込みをすること!また、キャンペーンサイトから申し込みをすることにより、上記でお伝えした最も大きいキャンペーン特典を得ることができます。

口座振替のポケットWiFiを契約する時は身分証が必要

最後になりますが、クレジットカード払いでポケットWiFiを契約する際は、ほとんど審査がありませんが、口座振替を選んだ場合は審査があります。

そして身分証と口座の設定ができない限り、端末を発送してくれないので、通常のクレジットカード払いによる申込みよりも、端末発送までの日数がかかります。

ただ、審査というと大層に聞こえますが、そこまでのものではありません。

BIGLOBEのお申込みをお考えであれば、審査や口座確認に掛かる時間を考慮して、お早めにお申し込みされるのをお勧めいたします。

一番おとくな口座振替 /
BIGLOBE WiMAXの公式ページへ